2007年01月28日

07.01.28 笠岡湾干拓地探鳥会

笠岡湾干拓地探鳥会に参加してきました。

DSC06096_M.jpg


DSC06098_M.jpg

DSC06109_M.jpg

DSC06117_M.jpg

DSC06125_M.jpg

DSC06132_M.jpg

DSC06126_M.jpg

DSC06129_M.jpg

DSC06133_M.jpg


【県 名】 岡山県
【場 所】 笠岡湾干拓地 (笠岡市)
【年月日】 2007年01月28日(日)
【時 刻】 09:00−12:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(20名)
【環 境】 農地・調整池
【観察種】

1.カイツブリ 19.ハイタカ 37.タヒバリ
2.ハジロカイツブリ 20.ノスリ 38.ヒヨドリ
3.コサギ 21.チュウヒ 39.モズ
4.アオサギ 22.ハヤブサ 40.ジョウビタキ
5.ツクシガモ 23.チョウゲンボウ 41.シロハラ
6.マガモ 24.キジ 42.ツグミ
7.カルガモ 25.バン 43.ウグイス
8.コガモ 26.オオバン 44.メジロ
9.オカヨシガモ 27.タゲリ 45.ホオジロ
10.ヒドリガモ 28.アオアシシギ 46.オオジュリン
11.オナガガモ 29.クサシギ 47.アトリ
12.ハシビロガモ 30.イソシギ 48.カワラヒワ
13.ホシハジロ 31.ユリカモメ 49.イカル
14.キンクロハジロ 32.セグロカモメ 50.スズメ
15.スズガモ 33.カモメ 51.ムクドリ

  忘れ物
 + ミヤマガラス・ハシブトガラス・ハシボソガラス で54種 
posted by k at 19:00| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

07.01.21 広島城探鳥会

広島城探鳥会に参加してきました。

道中色々ありましたが、何とか8:00前に現地到着。
前日に比べてエラク寒い朝でした。
DSC06008_M.jpg


襟元をかき合わせながら無人の集合場所に立ち、
担当さんは思うのです。
「寒いから、誰も来ないんじゃないかなぁ。。。」
「駅伝の応援に行ったのかなぁ。。。。」

で、
時計を見るとまだ開始45分前。

目の前の木にコゲラが現れ、
すぐ近くの斜面にシロハラが採餌し、
ハシボソガラスをスコープに入れるとこれがナント「ムナ次郎」。

「あれ!あれ!」って振り向くけど誰も居ない。。
時計を見るとまだ開始30分前。


護○神社前の自動販売機のあたりには、
三々五々沢山の右○団体の人たちが集結してくる。
今日は年に二回行っておられる清掃奉仕活動の日だそうで、
頑張って欲しいです。。。って思いながらも、
えらい日に探鳥会になっちゃったなあ・・・と独り言。
DSC06012_M.jpg


閑話休題

で、
皆さん、何とか間違えずに集合していただいて、
30名あまりでの定刻探鳥会スタート。

全員で歩くには少々多すぎましたので、
打ち合わせ通り、Yさんに約半数の参加者を受け持っていただき、
2コースに分かれての進行。


私は反時計回りコースに参加。
護国神社広場から階段を上造り、RCC側のお堀に。
洞窟探検家のコサギ君とアオサギ・カイツブリ・カワウを観察。
城内に戻りエナガのどアップ。

北側に回りこんでツグミ多数。更に西側でカモ類3種の観察。
階段を上がって天守閣前から、ジョウビタキ・シメ・シジュウカラ。

珍しいものこそ出ては居ませんが、なんせそこいら中に、
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・烏・鳥・烏
鳥・鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・烏・烏
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥
鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・烏・鳥
鳥・鳥・鳥・鳥・烏・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥・鳥

なもので、ウハウハ。。。。。(笑
(さてカラスは何羽でしょう?)

DSC06016_S.jpg


心配していたヘリコプターもあまり飛ばず、
清掃活動の方々は早々に引き上げ、
観光客もそれほど多くなく、
マッタリ楽しい都市公園での探鳥会(だったと思うの)でした。

更に、
参加者の方から面白い宿題をもらいました。
珍しい奴かもしれないとの事。
私には判断できませんので、SSさんにお任せしようと思います。
↓に写真掲載予定。
DSC06019_M.jpg
私は星の♀で良いと思うのですが。。。

って事で、
速報にも何にもなっていませんが、
下記が「広島城探鳥会」の観察記録です。


【場 所】 広島城 広島市中区
【年月日】 2007年01月21日(日)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 曇り
【観察者】 探鳥会参加者(34名)
【環 境】 都市公園
【観察種】

1.カイツブリ 10.キジバト 19.ヤマガラ
2.カワウ 11.カワセミ 20.シジュウカラ
3.コサギ 12.コゲラ 21.メジロ
4.アオサギ 13.セグロセキレイ 22.カワラヒワ
5.ヒドリガモ 14.ヒヨドリ 23.シメ
6.ホシハジロ 15.ジョウビタキ 24.スズメ
7.キンクロハジロ 16.シロハラ 25.ムクドリ
8.トビ 17.ツグミ 26.ハシボソガラス
9.セグロカモメ 18.エナガ 27.ハシブトガラス


探鳥会終了後、
13:00から、
県支部総会が開催されました。
posted by k at 07:15| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

07.01.14 八幡川探鳥会

今年最初の八幡川探鳥会に参加してきました。

快晴無風で絶好のコンディション。
まだまだ新年のご挨拶も交わされながらにこやかに開会されました。

DSC05966_M.jpg


今日は、三原市中央公民館の「野鳥観察教室」ご一行様も参加され、
更には「瀬戸内の人工干潟がなんちゃら?」のNPOの4名の方も同行されて、
総勢80名を超える大デレゲーション!

DSC05975_M.jpg

まずは河口側を観察。
上流側にはズグロカモメやオナガガモ。
川面にウミアイサが餌獲りの潜水を繰り返し、
目の前にカワセミがその美しい姿を見せてくれました。

DSC05973_M.jpg

河口堤防を回り込んで干拓地内に。
人工干潟に設置してあったフェンスが取り払われていましたが、
海側には、ウミアイサ・スズガモ・カンムリカイツブリ・クロガモの姿が。

DSC05977_M.jpg


干拓地内には、例によって1000を超える越冬中のカモ類。
ミコアイサ♂は完璧な繁殖羽根に。
カイツブリは残念ながら4種のみ。

対岸の葦原の上をチュウヒが飛び。
手前の芦原にはオオジュリンとツリスガラが蠢いていました。



DSC05981_M.jpg

DSC05984_M.jpg

DSC05993_M.jpg

DSC05989_M.jpg


新年の挨拶やら、遠来の方への挨拶やらで、
気がつくとあっという間の12:00で、
大急ぎでゲートまで戻り、過去最高の人数?での鳥合せ。
数え上げた鳥達も57種で過去最高?

とてものんびりした探鳥会とは言えませんでしたが、
大いに今年の賑やかさを感じられた探鳥会でした。



【場 所】 八幡川河口 (広島市)
【年月日】 2007年01月14日(日)
【時 刻】 10:00−13:00
【天 候】 快晴
【観察者】 探鳥会参加者 44名 +三原中公野鳥観察教室 29名
【環 境】 河口・干拓地
【観察種】

1.カイツブリ 20.キンクロハジロ 39.カワセミ
2.ハジロカイツブリ 21.スズガモ 40.ヒバリ
3.ミミカイツブリ 22.クロガモ 41.ハクセキレイ
4.カンムリカイツブリ 23.ホオジロガモ 42.セグロセキレイ
5.カワウ 24.ミコアイサ 43.タヒバリ
6.ダイサギ 25.ウミアイサ 44.ヒヨドリ
7.コサギ 26.ミサゴ 45.モズ
8.アオサギ 27.トビ 46.ジョウビタキ
9.ツクシガモ 28.チュウヒ 47.ツグミ
10.マガモ 29.バン 48.ツリスガラ
11.カルガモ 30.オオバン 49.メジロ
12.コガモ 31.シロチドリ 50.ホオジロ
13.トモエガモ 32.イソシギ 51.オオジュリン
14.ヨシガモ 33.ユリカモメ 52.カワラヒワ
15.オカヨシガモ 34.セグロカモメ 53.スズメ
16.ヒドリガモ 35.カモメ 54.ムクドリ
17.オナガガモ 36.ウミネコ 55.ハシボソガラス
18.ハシビロガモ 37.ズグロカモメ 56.ハシブトガラス
19.ホシハジロ 38.キジバト


■一種足りないような気がします。
 (リストメモを車の中に忘れてきてしまった。。。。)
 誰か教えてください。
posted by k at 14:27| 広島 ☀| Comment(4) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

06.01.08 新年太田川探鳥会

恒例の新年太田川「豚汁」探鳥会に参加してきました。
DSC05914_M.jpg

9:00 不動院駅前に集合。

駅から続々と参加者の皆様が降りてこられました。
集合地から既に2羽のオカヨシガモや、
水浴びして羽根を休める60羽あまりのカモメ類が見えています。

DSC05919-S.jpg


担当のKさんのご挨拶の後、
まずは河原に下りてカモメ類の観察。
ハクセキレイ・セグロセキレイ・イカルチドリの姿も見えます。


DSC05922-S.jpg


上空に1羽のミサゴ。
低く旋回すると川面に飛び込みました。
水しぶきを上げながら飛び上がったその足には、
何と2匹のボラがワシ掴みにされていました。(パチパチパチ!)

流石に2匹は持ちにくかったのでしょう、
1匹を取り落としはしましたが、左を前にしてちゃんと持ち替え、
魚雷を運ぶように飛び去っていきました。

DSC05924-S.jpg

河原から上がって大芝水門側に進みます。

中洲にはトビやアオサギが大量に羽根を休めており、
ツグミ30+が「ケスケス」飛び交い、ムクドリ50+の群も観察できます。
カモの姿は少数で、マガモ2・キンクロハジロ♀1・ヒドリガモ4程度。。。
ユックリジックリ観察できます。

DSC05928-S.jpg



1時間半ほど観察し、
大芝水門を西区側に渡って遊歩道を進み、さていよいよ豚汁です。(^^

DSC05932_M.jpg

DSC05949_M.jpg

鳥合せをおこなった後に、皆さんで美味しく温かい豚汁をいただきました。
お世話いただきました3人の女性会員の皆様、ご馳走様でした。
本当に本当に美味しい豚汁でした。

DSC05951-S.jpg

DSC05952_M.jpg

DSC05959-S.jpg

DSC05964-S.jpg

という事で、以下が観察種です。
鳥見も充実。お喋りも充実。豚汁も最高!
今年の素晴しい鳥運が証明された探鳥会となりました。


  
【場 所】 大芝水門周辺 (広島市)
【年月日】 2007年01月08日(月)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 曇り
【観察者】 新年太田川探鳥会(30名?)
【観察種】
1.カイツブリ 11.イカルチドリ 21.ヒヨドリ
2.カワウ 12.イソシギ 22.ジョウビタキ
3.ゴイサギ 13.ユリカモメ 23.ツグミ
4.アオサギ 14.セグロカモメ 24.メジロ
5.マガモ 15.オオセグロカモメ 25.アオジ
6.オカヨシガモ 16.カモメ 26.カワラヒワ
7.ヒドリガモ 17.キジバト 27.スズメ
8.キンクロハジロ 18.ヒバリ 28.ムクドリ
9.ミサゴ 19.ハクセキレイ 29.ハシボソガラス
10.トビ 20.セグロセキレイ 30.ハシブトガラス
posted by k at 14:17| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

07.01.07 帝釈峡探鳥会

平成19年度第一弾の探鳥会は、


DSC05842_S.jpg

豪雪の探鳥会


でした。(^^;





前日からの宿泊者10名に、
積雪の道を駆けつけてくださった笠岡のTさんと尾道のWご夫妻。

合わせて13名が、休暇村「帝釈峡」の絶大なるバックアップの元、
白銀の神龍湖の自然を堪能してまいりました。



DSC05854_S.jpg

DSC05885_S.jpg

DSC05905_T.jpg


【場 所】 帝釈峡 (庄原市東城町)
【年月日】 2007年01月08日(月)
【時 刻】 09:00−12:00
【天 候】 雪〜晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(14名)
【観察種】

1.カイツブリ 7.キセキレイ 13.ミヤマホオジロ
2.アオサギ 8.ヒヨドリ 14.アトリ
3.マガモ 9.ルリビタキ 15.ハシボソガラス
4.キジバト 10.エナガ 16.ハシブトガラス
5.カワセミ 11.シジュウカラ
6.コゲラ 12.メジロ


■何だか1種多いような気がします。
 誰か教えてください。m(__)m
■詳細にも何にもなってませんが・・・
posted by k at 20:05| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。