2008年02月11日

08.02.11 鹿川水源地探鳥会

江田島市鹿川(かのかわ)水源地で開催された探鳥会に参加してきました。
本年2度目の三連荘です。汗
(私の他にも2名おられました)

「ミカンの山で探鳥会」は今年で3年目。
これまで毎回大勢の参加者で賑わった人気のある探鳥会です。

8:30
お昼ごはんを買い込んで宇品港着。
既にY室さんの車が到着しています。

ここで広島市方面の参加者と合流して、
9:05発の三高港行きのフェリーに乗り込む手はずです。

DSC00422_s.jpg



車を乗船場所に並べてから、美しくなった乗船待合室に向かうと、
既に参加者の方が5名お集まりでした。
これなら2台でどうにかなります。

早速、本日のボスの携帯に連絡を入れて状況を報告!
皆さんと共にフェリーに乗り込みました。
DSC00430_s.jpg

宇品を出港してからの風景は何度乗っても見ほれます。
この風景を見るだけでも私はかなり満足してしまいます。

真っ青な空に聳える安芸小冨士(似島)がどんどんと迫り、
南から眺めるデルタ広島市の大都会ぶりと、遠くかすむ中国山地。
逆光の東側には元宇品の照葉樹原生林と絵下山等の芸南の山々。
順光の西側には弁天島に厳島。遠〜〜〜くに見えているのは周防大島でしょう。
DSC00445_s.jpg

DSC00446_s.jpg


のたりのたりの瀬戸内大パノラマを眺めているうちに、
あっという間に江田島・三高港到着です。

DSC00468_s.jpg

DSC00471_s.jpg


港からは15分ほどのドライブです。
山の緑の中にはちらほらと八朔の黄色。
波打ち際にはヒドリガモが遊び、
牡蠣ガラ捨て場にはカモメ類が群れています。


水源地に向かう山道に入り、
うろ覚えの記憶をたどって進んでいると、
胸を張って坂道を元気に歩くGuts氏発見!

自力での現地集合を目指す!との前日の宣言通り、
早めの船で江田島に入り、港から山道を登ってこられたようです。

すばらしい!
感動のあまり「もう少しで到着ですよ〜〜!」との声だけかけて、
ビユゥ〜〜って追い越してあげました。

DSC00477_s.jpg



集合場所の駐車場に到着すると、
すでに沢山の方が水面のカモ達を観察しておられます。
好天無風、ぽかぽか陽気の絶好の探鳥会日和ですので、
呉・広島方面から26名もの参加者が大集結。

里山@担当さんのご挨拶で探鳥会が開始されました。

DSC00479_s.jpg

DSC00485_s.jpg

DSC00482_s.jpg


本日の趣向は「3チームに分かれての分散探鳥会」で、
光栄にも1チームのリーダー役を仰せつかってしまいました。
「のんびり鳥見に徹するぞ〜〜〜」って思惑は脆くも崩れ去りましたが、
メンバーに恵まれ楽しくのんびり探鳥し、31種もの野鳥に会う事が出来ました。


DSC00499_s.jpg

DSC00510_s.jpg

12:00
集合地点に戻ってお昼ごはんタイム。

何時も昼時点であわただしく鳥合わせをして解散になりますが、
みんなで弁当を開いてのんびりするのも良い物です。
もぐもぐ海苔巻きをかじりながら先輩方と鳥談義。
お腹が落ち着いた頃に「鳥合せ」の開始です。

DSC00521_s.jpg


今日は里山さん特製の秘密兵器「野鳥カード展示マシーン」を使っての鳥合せ。
予想種のカードを元に「は〜〜〜い!」って何時ものようにやって、
出なかった野鳥のカードは裏返しに。

で、
最終的に表を向いているのが本日の確認種という趣向です。

DSC00525_s.jpg

DSC00526_s.jpg

DSC00527_s.jpg



いや〜〜。
探鳥会開催も工夫の余地がいっぱいあるのを思い知らされます。
本庄のような「担当者のわがまま」に終わらず、
もっともっと楽しんでいただける工夫をせねばならないと、
無言のうちにご教授いただきました。


確認種は下記のリスト、黒字の部分です。
来年の参加の参考にしていただければ幸いです。
状況を少し詳しく報告します。

■水面にはオシドリがのんびり泳いでいました。
 探鳥会途中驚かせてしまったようで、一時全部が舞い上がりましたが、
 私のカウントでは40羽ほどだったようです。
■オシドリの中に、ほっぺたに白いスポットが目立つ♀ガモを発見。
 トモエガモの♀でした。 発見者は大喜び。
■そのほかは、マガモ・カルガモ・コガモ。
■小鳥類は、メジロ大量・アオジいっぱい・シロハラそこそこ。
 ツグミは少々・シメ1羽・アオゲラ声のみ。
 水源地北の桜並木でエナガの逆立ち。
■鳴き声が響いていたモズのお姿も確認。
■上空には、お決まりのノスリ。
 鳥合せ終了後にハイタカ1と不明猛禽1(ハヤブサでは?の声あり)
 何故か常連のはずのミサゴ出ず。


□13:00からほぼ全員でアフター探鳥会に出撃!
 私には「探鳥会」と「アフ探」の区別が付かず。
 まぁ担当さんの気分は楽になったことと思います。

DSC00530_s.jpg

DSC00535_s.jpg

DSC00538_s.jpg

□まずは深江の葦原でアリスイ探し。
 そんなに都合よく出るはずも無い。笑
□釣附海岸まで移動。
 イソヒヨドリ・イソシギの磯コンビを確認。
 裏手の梢でチュィ〜〜ンとマヒワ♂のまっ黄色の姿。

DSC00547_s.jpg

DSC00553_s.jpg

DSC00558_s.jpg


□担当さんに連れられて「ベニマシコの谷」まで移動中、
 なんとハイイロチュウヒの♀がV字飛行。
□ベニマシコ・シメ・ルリビタキ・キクイタダキを確認。

DSC00571_s.jpg

DSC00588_s.jpg

□車に戻り、ウミアイサ3を確認してアフ探終了。
 時間はすでに15:20でした。



■三高港から帰る人を乗せた私の車は、
 牡蠣ガラ捨て場でカモメ勉強会。
 足の黄色いセグロカモメはいつの間にかカモメ冬羽に変身したが、
 オオセグロカモメは牡蠣筏上に確認。
 セグロカモメ・ウミネコ・カモメ・ユリカモメで、一応お勉強会終了。

DSC00594_s.jpg

DSC00601_s.jpg

■16:17 三高港発のフェリーに乗り込み宇品港へ。
 待合室で八朔を買い込んだのは言うまでも無い。
■フェリーの中でもお勉強会は続く。
 カモメ類・チュウヒ類の話から、お話はワールドワイドに展開し、
 あっという間にお別れの時間になってしまいました。


充実の3日間でした。
果たして今週のお仕事にどんな影響を与えてくれるのでしょう。大汗
 
長々と書き連ねましたが、最後に、
お世話いただきました里山さんと、
終始笑みを絶やさず盛り上げてくださった参加者の皆様に、
心よりの感謝を申し上げます。



【場 所】 鹿川水源地〜釣附海岸 他 (江田島市)
【年月日】 2008年02月11日(月)
【時 刻】 10:00−14:00
【天 候】 晴れ 後 曇り  14℃
【観察者】 探鳥会参加者(31名)
【環 境】 湖沼・海岸・低山・葦原
【観察種】

1.カワウ 18.ユリカモメ 35.ツグミ
2.コサギ 19.セグロカモメ 36.ウグイス
3.アオサギ 20.オオセグロカモメ 37.キクイタダキ
4.オシドリ 21.カモメ 38.エナガ
5.マガモ 22.ウミネコ 39.ヤマガラ
6.カルガモ 23.キジバト 40.シジュウカラ
7.コガモ 24.アオゲラ 41.メジロ
8.トモエガモ 25.コゲラ 42.ホオジロ
9.ヒドリガモ 26.キセキレイ 43.アオジ
10.ウミアイサ 27.ハクセキレイ 44.オオジュリン
11.ミサゴ 28.セグロセキレイ 45.カワラヒワ
12.トビ 29.ヒヨドリ 46.マヒワ
13.ハイタカ 30.モズ 47.ベニマシコ
14.ノスリ 31.ルリビタキ 48.シメ
15.ハイイロチュウヒ 32.ジョウビタキ 49.スズメ
16.キジ 33.イソヒヨドリ 50.ハシボソガラス
17.イソシギ 34.シロハラ 51.ハシブトガラス

【備 考】
■上記の記録は、探鳥会とその前後の観察を加えた記録です。
(赤字は、アフ探)
posted by k at 17:34| 広島 ☀| Comment(4) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

08.02.10 本庄水源地探鳥会


【場 所】 本庄水源地 (呉市)
【年月日】 2008年02月10日(日)
【時 刻】 09:00−12:00
【天 候】 快晴!
【観察者】 探鳥会参加者(36名
【環 境】 湖沼
【観察種】

1.カイツブリ (21) 15.オオバン (1) 29.ウグイス
2.カワウ (23) 16.キジバト 30.キクイタダキ
3.ゴイサギ (2) 17.カワセミ 31.エナガ
4.コサギ 18.アオゲラ 32.ヤマガラ
5.アオサギ 19.コゲラ 33.シジュウカラ
6.オシドリ (142) 20.キセキレイ 34.メジロ
7.マガモ (82) 21.ハクセキレイ 35.ホオジロ
8.カルガモ (3) 22.セグロセキレイ 36.アオジ
9.コガモ (13) 23.ヒヨドリ 37.カワラヒワ
10.ヒドリガモ (66) 24.モズ 38.スズメ
11.キンクロハジロ (28) 25.ルリビタキ 39.ムクドリ
12.ミサゴ 26.ジョウビタキ 40.ハシボソガラス
13.トビ 27.シロハラ 41.ハシブトガラス
14.ノスリ 28.ツグミ
posted by k at 21:50| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

08.02.09 縮景園探鳥会

おいっ! 雨男は誰なんだ!!?



ってことで、
今月も雨の縮景園に出かけてきました。

20分ぐらい前に正門前に車をつけると、
小雨がぱらつく中、既にチームまちゃみのお二人がスタンバイ。
ボチボチ参加者と見受けられる方が集まってこられ、
初顔の方も見受けられると言うのに、何時まで経っても・・・以下省略



で、
例によって芝生の広場に集合。

蝋梅の香りは終わりかけ?
咲き始めたボケの花に向って「この××っ!」って毒づく。笑


担当さんのご挨拶の後、
反時計回りで公園内を歩き始めます。
池の東端で工事をしているようで、何となく鳥が落ち着きません。
頭の中には「森の新聞」の締切の件が渦巻き、何となく自分も落ち着いていません。。。涙

そんな中でも、通行止めの薬草園前でシロハラがお出まし。
茶畑でジョウビタキ・アオジ・メジロ・ツグミ。
川側にマガモ・ヒドリガモ・ハクセキレイ・セグロカモメ。

一端庭園の池に出てカワセミ探し。
残念ながらそのお姿は拝めなかったものの、上空を一羽コゲラが飛び、
カワラヒワが松ぼっくりをほじっていました。


川側に戻って、カイツブリ・イソシギ。
W木ご主人に、地面に落ちている栴檀の実の「種」を教わる。
総合排泄口はかなり高機能みたいだ。笑



ぐるっと周って梅林。

2月は「梅見で探鳥会」の予定でしたが、
赤い奴や八重の奴がいくらか咲いている程度。
標準木のツボミはまだまだ固く、盛りには程遠い咲きっぷりでした。


超然居で鳥合せ。

例によってシジュウカラ・エナガが絶滅。
期待していたビンズイののそのそ歩きも観察できず、
大型ツグミ類はまだまだ梢で頑張っている。。。。


最後には雨も強く降り始め、
何となく気勢の上がらない探鳥会ではありました。

3月こそは快晴で鳥がいっぱい!ってのを期待しましょう!




【場 所】 縮景園 (広島市中区)
【年月日】 2008年02月09日(土)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 雨〜曇り〜雨
【観察者】 探鳥会参加者(11名)
【環 境】 都市公園
【観察種】

1.カイツブリ 9.キジバト 17.メジロ
2.カワウ 10.コゲラ 18.アオジ
3.アオサギ 11.ハクセキレイ 19.カワラヒワ
4.マガモ 12.ヒヨドリ 20.スズメ
5.ヒドリガモ 13.ジョウビタキ 21.ハシボソガラス
6.トビ 14.シロハラ 22.ハシブトガラス
7.イソシギ 15.ツグミ
8.セグロカモメ 16.ウグイス

posted by k at 18:44| 広島 🌁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

08.02.03 似島探鳥会

体調不良で欠席してしまいましたが、
里山さんからレポートをいただきましたので、
掲載させていただきます。


*****************************

本日の天気予報は晴れ時々雪??
前日の雨も遠くの山は白くなっていた。

参加者もこのテンキなら少ないだろうと意を決して行ってみた。
様変わりした宇品港のロビーには担当のYさんがおられた。

9時の集合時には10名の参加者。
9時30分のフェリーに乗船する。

2008_0203_092517AA.jpg

2008_0203_094049AA.jpg


似島学園前の桟橋に降り、まずはYさんの挨拶。
これから散歩、といえども島を半周する。

歩き始めてまずはカキウチ場のカモメ。
ユリカモメとカモメの中にウミネコが1羽いた。
アオサギ、ダイサギ、イソシギなど担当者はプロミナーにいれてくれる。
海岸沿いの道路ではジョウビタキ、イソヒヨドリ、シロハラがしょっちゅう現われ、
そのつどYさんは丁寧に教えてくださる。

しばらくして大きな公園に着く。

ココではツグミのオンパレード。
上空には2羽のノスリ。
カワラヒワやモズなどを追加しながら一行は和やかな雰囲気に。

天気予報では寒い一日とのことだったが、
春を思わせるような暖かな日和であった。

海岸沿いの眺めのいい場所で昼食。
ノスリも同時に4羽見られる。

2008_0203_101041AA.jpg


Yさんはクロサギ探しに集中されているようだ。
そんな中、誰かがミソサザイをみつけた。

草むらから飛び出したバッタは成虫越冬のツチイナゴだった。
さすがに南向きの日当たりのいい場所である。


のんびりゆっくり歩いて似島港へ到着。
14時30分のフェリーに乗り探鳥会は終了した。


クロサギはとうとう出なかったが、
まあまあの観察種であった。



【場 所】 似島 (広島市)
【年月日】 2008年02月06日(水)
【時 刻】 09:00−14:00
【天 候】 快晴
【観察者】 里山遊  探鳥会参加者(10名)
【環 境】 海岸
【観察種】

1.カワウ 12.ウミネコ 23.シロハラ
2.ダイサギ 13.キジバト 24.ツグミ
3.アオサギ 14.ハクセキレイ 25.ウグイス
4.マガモ 15.セグロセキレイ 26.ヤマガラ
5.ミサゴ 16.ビンズイ 27.メジロ
6.トビ 17.ヒヨドリ 28.アオジ
7.ノスリ 18.モズ 29.カワラヒワ
8.イソシギ 19.ミソサザイ 30.スズメ
9.ユリカモメ 20.ルリビタキ 31.ハシボソガラス
10.セグロカモメ 21.ジョウビタキ 32.ハシブトガラス
11.カモメ 22.イソヒヨドリ
posted by k at 06:58| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。