2008年03月09日

08.03.09 県民の浜探鳥会

紅葉修さまよりご報告を頂戴しました。
深く感謝し、ここに掲載させていただきます。


*********************

呉市上蒲刈島で行われた県民の浜探鳥会に参加してきました。

私はバスで現地に向かいましたが、
瀬戸内の島をゆっくり巡りながらの旅は、さながら観光バスのよう。
バスの旅もたまにはいいものです。

kenmin-1_s.jpg

午前10時県民の浜に到着。
薄曇りですが、風もなくいい天気。参加者は20名ほどでした。

まずは県民の浜を出て海沿いの道路で探鳥。
大子島のあたりにいるカワウやウミネコ、オオセグロカモメ、
セグロカモメを観察しながらシロエリオオハムを探します。

早速、ウミネコの群れに混じり、
シロエリオオハムの群れが登場してくれました。
30羽ぐらいでしょうか。スコープでしっかり確認できる距離です。
でも、何かおまけがついてますよ?

100メートルぐらい離れたところから舳先に人の群れを乗せた船がつけてます。
どうやらあび目的の観察船みたい。
あびたちは船に追われるようにご退場(単に場所を変えているだけかは判断できませんが)。

あびの他にもイソヒヨドリの雄、
ウグイスのさえずりやジョウビタキやホオジロを観察。

kenmin-2_s.jpg

県民の浜に戻り、
水仙やホトケノザなどが春を感じさせる展望台への道を行くと、
シロエリオオハムの大きな群れが迎えてくれました。

観察しておられる方のお話では70羽近くいるとか。
お腹の白いのや、羽ばたいたときに羽がすっかり抜け落ちて
飛べない状態になっているのも見えました。

春の陽気のなかで昼食をとり、
岬への山道を散策し、駐車場に戻ります。
カワラヒワやシジュウカラのさえずり、ビンズイなどを観察して終了。

穏やかな瀬戸内の初春を存分に満喫できた探鳥会でした。
鳥抜きで遊びに来てもいいところだと思いますよ。

【場 所】 県民の浜 (呉市上蒲刈町)
【年月日】 2008年03月09日(日)
【時 刻】 10:00−13:35
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(20名ちょっと)
【環 境】 海岸・低山・公園
【観察種】
シロエリオオハム
カワウ
ウミネコ
セグロカモメ
オオセグロカモメ
アオサギ
トビ
キジバト
コゲラ
セグロセキレイ
ビンズイ
ヒヨドリ
モズ
ジョウビタキ
イソヒヨドリ
シロハラ
ツグミ
ウグイス
シジュウカラ
エナガ
メジロ
ホオジロ
カワラヒワ
スズメ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
posted by k at 19:34| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

08.03.08 縮景園探鳥会

本年定例化された縮景園探鳥会。第三回目に参加してきました。

朝から空は晴れ渡り、ポカポカ春本番を感じさせる縮景園。
陽気に誘われて参加者の方々も続々集結です。

CIMG0163_s.jpg

お祖父さん・お母さんに連れられて小学生が4人。
探鳥会参加が初めてって方も数名来られています。
縮景園探鳥会の復活を画策した意図が実現されているようで、
大変嬉しい探鳥会開始となりました。

CIMG0167_s.jpg



何時ものように反時計回りで回ります。
まず(立ち入りが出来ない)薬草園でシロハラ・ルリビタキ。
茶畑に回ってジョウビタキ・アオジ・エナガ・ツグミ。

川面には38羽のヒドリガモが浮かんでいます。

フト見上げた川沿いのヒノキの梢に地味な小鳥がうごめいています。
キクイタダキ?って追跡すると、雨覆の羽先は無斑。
ウグイスじゃないの?って言われるけど、大きさが違う。

ムシクイ!

双眼鏡で追跡しても、ナカナカゆっくり肝心な場所を見せてくれません。
色合い・眉斑・翼帯は確認。
頭央線は確認できず。嘴の色なんてとんでもない。
鳴き声? ・・・・涙

結構な時間観察したのに、一つも種名が浮かばない体たらく。。。。

まぁ、縮景園探鳥会の本意とは遠い事なので、無かったことにしました。

CIMG0172_s.jpg


その後、
キクイタダキ変身説を唱えながらメジロ観察。
ビンズイのウォーキング、シロハラのホッピングを比較観察。
遠くシジュウカラのツツピーを聞きながら、
遠すぎるカワセミ。たたずむ2羽のイソシギ。おぼれてしまったカイツブリ。
皆さん楽しんでくださっている様子。

CIMG0177_s.jpg

梅林はそろそろ終わりかけかな?と思われましたが、
結構な人出で賑わっています。

超然居まで行くと、
小島にルリビタキ♂若が「僕を見て〜〜〜!」って暫しのワンマンショー。

CIMG0182_s.jpg


最後までポカポカ陽気。
身近に野鳥を感じながらの楽しい2時間が、
あっというまに過ぎ去りました。





【場 所】 縮景園 (広島市中区)
【年月日】 2008年03月08日(土)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者
【環 境】 都市公園
【観察種】

1.カイツブリ 10.ハクセキレイ 19.シジュウカラ
2.カワウ 11.セグロセキレイ 20.メジロ
3.アオサギ 12.ビンズイ 21.アオジ
4.ヒドリガモ 13.ヒヨドリ 22.カワラヒワ
5.トビ 14.ルリビタキ 23.スズメ
6.イソシギ 15.ジョウビタキ 24.ムクドリ
7.キジバト 16.シロハラ 25.ハシボソガラス
8.カワセミ 17.ツグミ 26.ハシブトガラス
9.コゲラ 18.エナガ

posted by k at 19:29| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

08.03.02 弘法さん探鳥会

同日開催となりました、福山地区弘法さん探鳥会。
どんな雰囲気だったのか大変気になっていたのですが、
優しい優しい友人からメールを頂戴いたしましたので、
転載させていただきます。


**********************************************

弘法さん駐車場に集合。

開始時刻までにスズメを確認。
すぐにふれあいランドに車で移動。

P3020002.jpg


新池脇の、J歩道入り口付近の駐車スペースに車を停め、
J歩道のもう一方の入り口まで車道を歩く。

J歩道を一周するようなかたちで探鳥。
ゴール手前ではマヒワの大群に遭遇、しばしみんなで堪能。
ウソやルリビタキのおまけ付きでした。

P3020001.jpg

人数が少なかったせいか、上記のマヒワの他、
メジロ、アオジなども比較的警戒心が低かったように感じられました。
6人でくっちゃべりながら、非常にのほほんとした探鳥会でした。




【場 所】 ふれ愛ランド J歩道 (福山市)
【年月日】 2008年03月02日(日)
【時 刻】 09:00−11:15
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(6名)
【環 境】 低山
【観察種】

1.トビ 9.ツグミ 17.カワラヒワ
2.ノスリ 10.ウグイス 18.マヒワ
3.キジバト 11.エナガ 19.ウソ
4.コゲラ 12.ヤマガラ 20.イカル
5.ヒヨドリ 13.シジュウカラ 21.スズメ
6.ルリビタキ 14.メジロ 22.カケス
7.ジョウビタキ 15.ホオジロ 23.ハシブトガラス
8.シロハラ 16.アオジ

posted by k at 20:52| 広島 ☀| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08.03.02 黒瀬川探鳥会

東広島市黒瀬町、黒瀬川で開催された探鳥会に参加してきました。

某所にも書きましたが、
福山地区・弘法さん探鳥会との痛恨の同日開催。
私の身体も、参加者の皆さんの身体も一つしかないのに・・・・。涙

結局準地元を自認する黒瀬の方に参加することにしましたが、
心チヂに乱れる一日でした。

DSC00970_s.jpg

例によって気の早い私は、8:40集合場所に到着。
既に5名の方がお越しになっておられ、更に続々と集結。

開始前から、やれウグイスだ、チョウゲンボウだ、頭の上にシジュウカラだと、
大変賑やかにしていると、
おお〜〜〜〜〜!M大先輩が到着されたではないですか!

ダッシュで駆け寄ってご挨拶をすると、
「ワシャア、10年以上ぶりの探鳥会ジャケン〜〜」と嘯かれる。
いやいやそんなには・・・と思ったけど。。。。笑

担当さんご夫妻もご到着。早速オヤジギャグを乱発中。
S先輩もご到着。写真撮影のルールの再確認。笑
S君ご家族も遠路はるばるご到着。
リュック姿の森永ハイチュウさんも、
「♪gutsだぜ〜〜♪」のリズムに乗ってバスを乗り継いでのご参加。。。尊敬。
本庄・鹿川に続いてのご参加、芸南地区のIさんご家族・Uさん・U女史も。
市内方面からはKご夫妻とSさん・紅葉さん。。。。。

兎に角大変賑やかに、嬉しい探鳥会の開始となりました。

DSC00984_s.jpg

担当さんのご挨拶の後、
ゲートを解き放たれた競走馬のように堤防に駆け上がると、
そこには河川改修と住民努力の河川掃除によって、
美しく整備されつくした感のある黒瀬川が流れていました。涙

でも、快晴微風の清清しい天候と、広がる田園。
カイツブリが嘶きカモたちが採餌する光景に、心踊るのを隠せません。

コガモ・マガモ・カルガモ・ヒドリガモ。。。。
ツグミ大量、アオジ大量、カシラダカ大量。。。。
対岸のオオジュリンもサービス満点。。。。
田圃の中にはムクドリ・ホオジロ・スズメ。。。。。
「ドドドド。。。」とキジ♀が飛び出し、「ケ〜〜ン」と♂が後追いの声。

ワイワイガヤガヤ、楽しく堤防上の道路を進みます。
ナカナカ進まないのは楽しすぎるから。


すぐに「ツバメ〜〜〜!」の声が飛びます。

私自身は見逃してしまいましたし、
今期初認なのか、越冬個体なのか確認するのを忘れてしまったのですが、
兎に角、意地でも出したかったツバメが出ました。


更に「ヤマセミ〜〜〜!」の黄色い声。

出ましたねぇ〜〜〜。
河川改修によって近年の記録が途絶えていたようで、
昔懐かしい人達が思わず笑顔になってしまったヤマセミ出現。

私もあまりの興奮に双眼鏡に入れることが出来ませんでしたが、
兎に角、根性ででも出したかったヤマセミが出ました。


一息入れると「カワセミ〜〜〜〜!」と瑠璃色の声が飛びます。謎

出ました出ました。
目の前の柳の枝に止まって暫しポーズを作るカワセミ君。
「バチャ!」っと採餌して対岸に飛び、またまた全身を晒して。。。

私もドキドキしながら雌雄の確認。
下嘴を確認したんだけど、どっちがどっちだったっけ??? 笑
「これで探鳥会を終わります」って言い古されたギャグも飛び出す、
探鳥会のスター、カワセミが出ました。爆笑


DSC00992_s.jpg


更に下流に歩くと、「ヒクイナぁぁ〜〜」と赤い歓声!

「アッ、隠れた!!」

首をうなだれる参加者の皆さん。
諦めきれず無言の集中。

1分・2分。。。。

出ない・・・
出ない・・・・・
出ない・・・・・・・・


出タァ〜〜〜〜!

焦る参加者。
我先に望遠鏡に取り付く。
「赤が綺麗だねぇ〜〜」「目が可愛い〜〜」「下尾筒がキュート!(謎)」

大変な盛り上がりの後、一人二人と歩き出す。
隠れちゃったのか・・・と思ってスコープを担ごうとすると、


まだ見えてるジャン。。。。笑




更に、
コチドリ・イカルチドリ変身騒動や、
クサシギ・イソシギ変身事件や、
ハチジョウツグミ変身未遂事件や、
チョウゲンボウ超遠方ホバリング騒動や、
オオダイサギ詐欺事件。。。。。。。。。

コネタ・オオネタをちりばめながら、
担当さんと、M大先輩・S先輩の話術に踊らされた参加者は、
時間も忘れて黒瀬川の自然を堪能したのでした。


DSC01003_s.jpg


ご参加の皆さん、ありがとうございました。
本当に楽しい探鳥会でした。来年もまた会いましょう。

って言うか、
もっと芸南地区での探鳥会を盛り上げたいですね。



【場 所】 黒瀬川 (東広島市黒瀬町)
【年月日】 2008年03月02日(日)
【時 刻】 09:00−12:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(26名)
【環 境】 河川中流
【観察種】

1.カイツブリ 17.イカルチドリ 33.ツグミ
2.カワウ 18.イソシギ 34.ウグイス
3.ダイサギ 19.タシギ 35.シジュウカラ
4.コサギ 20.キジバト 36.メジロ
5.アオサギ 21.ヤマセミ 37.ホオジロ
6.マガモ 22.カワセミ 38.カシラダカ
7.カルガモ 23.ヒバリ 39.アオジ
8.コガモ 24.ツバメ 40.オオジュリン
9.ヒドリガモ 25.キセキレイ 41.カワラヒワ
10.ハシビロガモ 26.ハクセキレイ 42.シメ
11.ミサゴ 27.セグロセキレイ 43.スズメ
12.トビ 28.タヒバリ 44.ムクドリ
13.チョウゲンボウ 29.ヒヨドリ 45.ハシボソガラス
14.キジ 30.モズ 46.ハシブトガラス
15.ヒクイナ 31.ジョウビタキ
16.バン 32.シロハラ






■■アフター探鳥会
posted by k at 15:13| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。