2009年05月31日

09.05.30 比婆山探鳥会

広島県の北部、県民の森「比婆山」にての探鳥会に参加してきました。


夜も開けきらぬ午前4:30。
19名の参加者が立烏帽子駐車場に集合し、担当さんからの開会の挨拶。

近くではクロジが鳴き続けています。

IMGP1342-T.jpg

朝の精霊が舞い降りる中、神話の森を歩き始めます。
最大ボリュームはコルリの囀り。小さくヒガラ、遠くにカッコウ。

IMGP1345-T.jpg

IMGP1351-T.jpg


立烏帽子駐車場からおっぱら越までの間に、
5箇所・10分間ずつのスポットセンサスを行いながら進められた今回の探鳥会。
立ち止まる事でじっくり周囲の鳥達を感じ、
耳慣れないさえずりには調査のベテランさんが解説を加えてくださり、
得がたい経験をさせていただきました。

IMGP1358-T.jpg

スポットセンサス中のスナップです。
10分間を5等分して記録を残すので、結構忙しい調査でした。



おっぱら越で先行チームと合流。
丁度オオアカゲラとの出会いを楽しんでおられたようで、皆さん満面の笑顔。
聞けばヤマドリとも遭遇され、ミソサザイもちゃんと見れたとの事。

30分差の進行は鳥運にも差が出たようでしたが、
何にも会えなかった後半チームも、羨ましがりながらも笑顔になります。


IMGP1383-T.jpg

ここから御陵まで心臓破りの登坂が続きます。
周囲は純ブナ林の美しい森なのですが、
登りに集中してしまうと野鳥への感度が失われてしまうのでしょうか?
例年ほとんど出会いの無い単調な強行軍になり、
私は若い人達との体力差を呪いながら離されない事に必死になります。

IMGP1390-T.jpg

IMGP1391-T.jpg


で、
フラフラになって御陵(比婆山山頂)にたどり着くと、
担当さんが時間チェックで睨みを利かせておられました。(ってこれはウソです)
IMGP1412-T-T.jpg



IMGP1420-T.jpg

中締めの「鳥合せ」の後、
今回の調査の目的・データの生かされ方等についてのお話を伺い、
朝食をとって後半戦の始まりです。


御陵からの戻り道は一転急勾配の下り。(当たり前・・・)
膝を庇いながらそろりそろりと下っていると、
上りとは打って変わって沢山の鳥達との出会い。

クロツグミの妙な囀り。
縦移動するゴジュウカラの姿。
アカゲラ?の大きなドラミング。
コゲラの小さなドラミング。



「キョロロロロ・・・・」と目の前でアカショウビンの声。

ウワァ!って身構えると、
真っ赤なお姿が目前のブナの木の枝に舞い降りました。

姿を拝めた参加者から声にならないため息が漏れます。
角度的に見にくい場所におられた方も、
焦らず騒がずその雰囲気に飲み込まれていきます。


ナント素敵な探鳥者集団なのでしょう。


IMGP1442-T.jpg

IMGP1443-T.jpg

帰り道は、
おっぱら越から「池の段」に向う集団と「もと来た道」を戻る集団に分かれました。

双方とも大した収穫は無かったようですが、
立烏帽子駐車場で再会したときの皆さんの表情は、
お疲れの中にも笑顔がいっぱい。
どなたも夏のお山を堪能できた1日だったのではないでしょうか。


様々な準備の中で案内をしてくださった担当様。
常に笑顔を絶やさず探鳥会を盛り上げてくださった参加者の皆様。
本当にありがとうございました。



【場 所】 比婆山 (庄原市)
【年月日】 2009年05月31日(日)
【時 刻】 04:30−09:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者 19名
【環 境】 高山?(1200m)
【観察種】

1.ヤマドリ 12.ツバメ 23.サンコウチョウ
2.アオバト 13.イワツバメ 24.コガラ
3.ジュウイチ 14.キセキレイ 25.ヒガラ
4.カッコウ 15.ヒヨドリ 26.ヤマガラ
5.ツツドリ 16.ミソサザイ 27.シジュウカラ
6.ホトトギス 17.コルリ 28.ゴジュウカラ
7.アカショウビン 18.トラツグミ 29.クロジ
8.アオゲラ 19.クロツグミ 30.カケス
9.アカゲラ 20.ウグイス 31.ハシブトガラス
10.オオアカゲラ 21.キビタキ     追加.ハヤブサ
11.コゲラ 22.オオルリ
posted by k at 21:48| 広島 ☀| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09.05.30 ウエットランド探鳥会

IMGP1269-T.jpg

IMGP1277-T.jpg

IMGP1280-T.jpg

IMGP1282-T.jpg

IMGP1285-T.jpg



【場 所】 知和ウエットランド (三次市)
【年月日】 2009年05月30日(土)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 晴れ〜曇り
【観察者】 探鳥会参加者 16名
【環 境】 湖沼
【観察種】

1.カイツブリ 11.カワセミ 21.エナガ
2.カワウ 12.ブッポウソウ 22.メジロ
3.ダイサギ 13.コゲラ 23.ホオジロ
4.アオサギ 14.ツバメ 24.カワラヒワ
5.カルガモ 15.コシアカツバメ 25.スズメ
6.ミサゴ 16.セグロセキレイ 26.カケス
7.トビ 17.ヒヨドリ 27.ハシボソガラス
8.サシバ 18.モズ 28.ハシブトガラス
9.キジバト 19.ウグイス
10.ホトトギス 20.キビタキ



IMGP1287-T.jpg

IMGP1289-T.jpg
posted by k at 21:40| 広島 ☀| Comment(3) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

09.05.06 八幡川探鳥会

GWも最終日。
引きこもりが続いていたので、
一念発起、八幡川探鳥会に参加してきました。

出足は遅かったものの28名の参加者。
快晴で気持ちの良い天候の下で楽しく探鳥することが出来ました。
参加者の皆様、ありがとうございました。


探鳥会中の様子や埋立工事の進行状況については、
以下のトピックスと写真にて報告いたします。

■トピックス■
・フェンス入場すぐにあった水面は完全に埋め立てられ、
 裸地が広がっています。コチドリ・シロチドリが数羽走り回っていました。
 工事中の立入り状況は不明ですが、繁殖地として有望そうです。
・ショウドウツバメ、上空を1羽通過。
・沖合いの石積み(Dブロック?)には、満潮時にもチュウシャクシギの姿。
・埋立地の上空で、ハチクマ3羽がソアリング。
・奥側の裸地でコチドリ・シロチドリとともに夏羽のトウネン。
・コチドリが我々の観察する目の前で交尾。

・人工干潟にジェットスキーの乗り入れ。潮干狩りの市民多数。
 バーベキューを楽しむ若者グループの姿。
 当然シギチの姿は無し。
・河口干潟には、水際にチュウシャクシギ数羽のみで、他のシギチの姿は皆無。

・はじめての参加者3名。小学生が3名に、高校生が一人。


IMGP1027-T.jpg


IMGP1030-T.jpg


IMGP1031-T.jpg


IMGP1038-T.jpg


IMGP1042-T.jpg


IMGP1044-T.jpg


IMGP1048-T.jpg

IMGP1053-T.jpg


IMGP1059-T.jpg

IMGP1061-T.jpg


IMGP1081-T.jpg


IMGP1085-T.jpg

IMGP1099-T.jpg

IMGP1116-T.jpg



【場 所】 八幡川河口 (広島市佐伯区)
【年月日】 2009年05月06日(水)
【時 刻】 09:00−12:00
【天 候】 むちゃ快晴
【観察者】 探鳥会参加者 28名
【環 境】 河口・干拓地
【観察種】

1.カイツブリ (34) 17.ハチクマ (4) 33.キジバト (2)
2.カワウ (40) 18.トビ (4) 34.ヒバリ (20)
3.ダイサギ (1) 19.ヒクイナ 35.ショウドウツバメ(1)
4.コサギ (4) 20.バン (6) 36.ツバメ (20)
5.アオサギ (8) 21.オオバン (6) 37.ハクセキレイ (6)
6.マガモ (4) 22.コチドリ (6) 38.セグロセキレイ (2)
7.カルガモ (8) 23.シロチドリ (25) 39.ヒヨドリ (2)
8.コガモ (35) 24.トウネン (14) 40.オオヨシキリ (30)
9.オカヨシガモ (2) 25.ウズラシギ (1) 41.セッカ (10)
10.ヒドリガモ (16) 26.ハマシギ (75) 42.メジロ (1)
11.オナガガモ (2) 27.キアシシギ (2) 43.カワラヒワ (3)
12.ハシビロガモ (10) 28.イソシギ (2) 44.スズメ (10)
13.ホシハジロ (1) 29.ソリハシシギ (1) 45.ムクドリ (2)
14.キンクロハジロ(6) 30.オオソリハシシギ (1) 46.ハシボソガラス (4)
15.スズガモ (5) 31.チュウシャクシギ(26) 47.ハシブトガラス (6)
16.ミサゴ (4) 32.コアジサシ (103)





IMGP1156-T.jpg


IMGP1135-T.jpg

IMGP1143-T.jpg

IMGP1157-T.jpg

posted by k at 14:37| 広島 ☀| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

09.05.03 久井宇根山探鳥会

くい文化センター〜宇根山山頂〜岩海のコースで開催された探鳥会に参加してきました。

担当さん急用で代行は三原のUさん。
少人数でじっくり久井周辺の初夏の自然を楽しむことが出来ました。
担当様、参加者の皆様、ありがとうございました。


7:00 自宅を出発。
なぜか高速道路に車がいっぱい走っていて、
下り線の小谷SAでは入場待ちの車が走行車線にまで並んでいます。

8:30 何とか無事に到着。
下の写真が集合場所の「くい文化センター」駐車場。
写真の左端に本日のメイン探鳥ポイント「鷺山」があります。
IMGP0920-T.jpg


今年は「大中小」+アマサギ・ゴイサギ・アオサギの6種を観察。
一番多かったのは写真のダイサギ。この個体は足が赤くなっています。
DSC06530-T.jpg


しっかりじっくり観察した後、6台の車を連ねて宇根山山頂へ。

山頂の弘法さんではキビタキの声とシジュウカラの姿。
三角点を観察したり、鷹渡り観察地の風景を見学したりしたあと、
移動。

IMGP0933-T.jpg

IMGP0945-T.jpg

IMGP0950-T.jpg

IMGP0970-T.jpg

次の訪問地は直下の宇根山天文台。
眼下には「ジュンサイ池」と素晴しい施設の「宇根山家族旅行村」が。
IMGP0974-T.jpg

IMGP0982-T.jpg


旅行村でトイレをお借りして、最終目的地「岩海」に移動。

IMGP0990-T.jpg

IMGP0999-T.jpg

IMGP1003-T.jpg

岩海では、オオルリ・キビタキのさえずり。
アオゲラの大声とアカゲラのドラミングする姿。
背後からセンダイムシクイを聞きながら鳥合せを行い、
「18種詐欺クイズ」の答え合わせで探鳥会を終了しました。

参加者の皆さんは大変熱心な方ばかりで、
素晴しい久井の自然の中で大いに探鳥会を堪能することが出来ました。
お世話になりました。



【場 所】 久井・宇根山 (三原市)
【年月日】 2009年05月03日(日)
【時 刻】 09:00−12:30
【天 候】 薄曇り??
【観察者】 探鳥会参加者 11名
【観察種】

1.ゴイサギ 12.アカゲラ 23.エナガ
2.アマサギ 13.コゲラ 24.ヤマガラ
3.ダイサギ 14.ツバメ 25.シジュウカラ
4.チュウサギ 15.コシアカツバメ 26.メジロ
5.コサギ 16.キセキレイ 27.ホオジロ
6.アオサギ 17.セグロセキレイ 28.カワラヒワ
7.トビ 18.ヒヨドリ 29.イカル
8.コジュケイ 19.ウグイス 30.スズメ
9.キジ 20.センダイムシクイ 31.ハシボソガラス
10.キジバト 21.キビタキ  ■終了後 ツツドリ
11.アオゲラ 22.オオルリ




終了後に、
JIIさんのゲリラ的ミニ講座「こんな場面に遭遇したら?」編を拝聴。
素晴しい紙芝居と資料をご用意いただき、大変勉強になりました。
フィールドでのお勉強は座学以上に心に迫るものがあります。
これからもよろしくお願いします。

IMGP1015-T.jpg

これは不明クモ。
IMGP0947-T.jpg


で、
探鳥会終了時の情報では、
西条IC〜広島東IC間で20キロメートルの渋滞とのこと。
そうだ、世の中がGWなのを忘れていました。。。。涙

焦っても仕方ないのでJIIさんとGutsさんとで八幡神社を訪問。
ツツドリの声を聞きながら芝生の上で弁当を広げ、
14:00に山陽自動車道に突入。

15:30、何とか千田町の自宅に帰着いたしました。
疲れた・・・・。。。。

IMGP1022-T.jpg
posted by k at 20:35| 広島 ☔| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。