2013年02月17日

13.02.17 郷原BW初級講座


呉市郷原で開催されたBW初級講座に参加してきました。

会報原稿の締め切りを抱える心同様、
フィールドも道路上に薄氷が張るほど冷え込んでいました。

広島市内から、高速3号〜クレアライン〜呉市街〜東広島呉道を走り、
約45分で郷原市民センターに到着。
IMGP2521_s.JPG

今日は和室。座机に座布団。ノートパソコンにプロジェクターが設置。
続々と参加者が終結し、例によってN海さんの基本種解説から講座が開講。
解説の言葉の端々に「試験に出ます」と脅されて受講者は戦々恐々。。。。(笑)

解説を終えてフィールドへ。
会場前の黒瀬川は河床の工事中。さらには本日野焼き大会実施中で少々どんより。。
でも観察開始で気分は高揚してきます。
IMGP2525_s.JPG

カルガモ・ヒドリガモ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・クサシギ・カワセミ
アオジ・コガモ・イカルチドリ・イソシギ・アオサギ・ハイタカ・コサギ。。。。
どんどん出現種を確認しながら和やかに観察会は進行します。

IMGP2528_s.JPG

エナガの可愛い鳴き声が響き、草原にはメジロの大群がうごめいています。
期待されていたヤマセミは残念でしたが、その手前でシメが代役を務めてくれました。

さて帰り道。
11:30帰着を先生から言い渡されていたにも関わらす、一部参加者の足が進みません。
そう「試験」です。合格点を取らないと帰らせえもらえないという情報が蔓延し、
「帰りたくない病」が蔓延してしまったのでした。

「あぁベニマシコ。。。」「可愛いコゲラだよ」「真っ黄色なアオジ君だ」などとほざきながら、
にこやかに。でもうつむきながらぐずぐず歩いています。
IMGP2531_s.JPG

遠くに郷原文化センターが見えてきました。
玄関先にはN海先生が腕時計をチェックしながら仁王立ち。

「あ、スズメだ〜〜〜〜」さらに足は止まるのでした。


集合時間に大幅に遅れて帰着。
上の空で41種の鳥合わせののち、ついに試験の開始です。
「基本的なクイズですよ〜〜〜」のN海先生の声がむなしく会場に響きます。

IMGP2539_s.JPG


ああ、熱血のBW初級講座。
第二回は日の暮れるまで熱い追試験が繰り返されたのでした。


ってことで、
ひろしま自然の会のスタッフの皆様、大変お世話になりました。
郷原でのBW初級講座はこれにて一応完結ということで、
この後広島地区の方で継続開催していく予定です。

大変お世話になりました。
      あっ、集金忘れた! 名簿も。。。


【場所】 呉市郷原 黒瀬川
【年月日】平成25年2月17日(日)
【時間】 9:00〜12:00
【観察者】探鳥会参加者( ? )
【観察種】
  1 キジ     15 トビ      29 シロハラ
  2 ヒドリガモ  16 ハイタカ    30 ツグミ
  3 マガモ    17 カワセミ    31 ジョウビタキ
  4 カルガモ   18 ヤマセミ    32 イソヒヨドリ
  5 コガモ    19 コゲラ     33 スズメ
  6 カイツブリ  20 モズ      34 ハクセキレイ
  7 キジバト   21 ハシボソガラス 35 セグロセキレイ
  8 カワウ    22 ハシブトガラス 36 カワラヒワ
  9 アオサギ   23 シジュウカラ  37 ベニマシコ
  10 コサギ    24 ヒヨドリ    38 シメ
  11 イカルチドリ 25 ウグイス     39 ホオジロ
  12 クサシギ   26 エナガ    40 アオジ
  13 イソシギ   27 メジロ     41 オオジュリン
  14 ミサゴ     28 ムクドリ


続きを読む
posted by k at 20:48| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

13.02.03 本庄水源地探鳥会

広島県呉市の山の中の水源地、本庄水源地の探鳥会に参加してきました。

下の何枚かの写真を観ていただくだけでもわかると思うのですが、
非常〜〜〜〜に楽しい探鳥会でした。ご参加の皆様、ありがとうございました。

今年の参加者は25名。
開会時に挙手をお願いして伺ったところ、
広島市2割、地元呉市4割、お隣の熊野町4割といった具合で、
地元で地道に野鳥を楽しんでおられる方々が多く参加してくださり、
和気あいあいと、でもとってもまじめで熱心な探鳥会になりました。

IMGP2506_s.JPG

もうやめようと思っていた探鳥会。でも担当者冥利に尽きる充実の探鳥会が出来ました。
今年に味をしめて、また来年もやりろうと思います。

IMGP2496_s.JPG

で、鳥ですが。
予想通り、カモは全く見れませんでした。
いや、正確に言うと、水面に浮かんでいるカモはほとんど見れませんでした。
飛びまくり逃げ回るカモたち。心の中でごめんなさいと言いながらの観察。
じっくり見れたのは、オシドリ少数。ヨシガモ♂1羽。雌雄のわからないミコアイサ。
カワアイサ♀も少し見れたかな?  って程度。

IMGP2497_s.JPG

山の小鳥も愛想無しで、ルリビもキクイタも登場せず。
モズ・シロハラ・セグロセキレイ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラスも記録無し。
ひどい話です。。。。

でも、光を浴びてポーズをとり続けてくれたたダイサギ。
ジュリジュリさえずりなながら親しく近寄ってくれたエナガ達の群れ。
スコープの画面の範囲でソアリングしてくれたノスリ。
道案内のホオジロ。何故か日蔭の身のカワラヒワ。
婚姻色も見せてくれたカワウの群れ。青い土管の上でたそがれていたカワセミ♂。
シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・ヒガラ。。。。。。。

皆さんとともに息をのむような美しい瞬間を数多く経験できました。

IMGP2508_s.JPG

珍しい鳥なんて出なくてもいい。鳥と鳥見の人たちとの一体感。
一緒に生かされていることを実感できる探鳥会。
地元に生きる人たちが集り触れ合うことのこころの安らぎ。
素晴らしい時間でした。

IMGP2512_s.JPG


【場 所】 本庄水源地(呉市)
【年月日】 2013年02月03日(日)
【時 刻】 9:00 − 12:00
【天 候】 快晴(!)
【観察者】 探鳥会参加者(25名)
【観察種】
1.カイツブリ 13.キンクロハジロ 25.ヒヨドリ
2.カワウ 14.ミコアイサ 26.ジョウビタキ
3.アマサギ 15.カワアイサ 27.ツグミ
4.ダイサギ 16.トビ 28.ウグイス
5.オシドリ 17.ノスリ 29.エナガ
6.マガモ 18.キジ 30.ヒガラ
7.カルガモ 19.オオバン 31.ヤマガラ
8.コガモ 20.キジバト 32.シジュウカラ
9.ヨシガモ 21.カワセミ 33.メジロ
10.ヒドリガモ 22.コゲラ 34.ホオジロ
11.ハシビロガモ 23.キセキレイ 35.カワラヒワ
12.ホシハジロ 24.ハクセキレイ 36.ハシボソガラス


■物凄くよい天気。自転車の見回りおじさんに驚いて、予想通りカモ飛びまくり。
■ヒガラ(!)10年ぶりぐらいの記録。でも私だけしか見ていない。でも間違いない。
■カワセミ…巡光でバッチリ。皆さん大喜び。
■ハシブトガラス・ムクドリ・スズメの記録が途絶える。。。。
posted by k at 14:12| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。