2014年07月13日

14.07.12 太田川「カワウ調査」探鳥会

とうとう開催、「歩かない探鳥会」!
時は梅雨真っ只中なれど、薄曇りで川面からそよ風がふき、何故か無「虫」。
絶好の「夕涼み」状態で汗もかかずに観察できました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。m(__)m

IMGP3316-T.JPG

IMGP3313-T.JPG

IMGP3315-T.JPG

内容は「カワウ模擬調査」、ついでの水辺の野鳥観察。
コサギが浅瀬でダンスを繰り返し、アオサギは中洲で子育て中。
上空にはミサゴが挨拶に現れ、頭上をかすめてムクドリがねぐらへ。
夕闇が迫るころにはツバメがウジャウジャと飛び交いながら、
一つ向うの中洲にねぐら入りをしていきました。

一般参加で熱心にカワウ調査に協力していただきました3名のお嬢様。
太田川漁協のお二人、広島市からのお二人。
何の解説も出来ませんでしたが、ぜひまた探鳥会にお越しくださいませ。

調査方法の体験に来られた野鳥の会の皆様。
詳しい調査方法は日■野さんの方にでもお問い合わせください。


【日時】平成26年7月12日(土曜日)16:000〜19:40
【場所】広島市中区北白島町 
【環境】河川下流域
【天候】薄曇り そよ風
【観察者】 探鳥会参加者(会員9名 非会員5名)
【観察種】
1 カルガモ(1)  6 コサギ(20)    11 コシアカツバメ
2 カワウ(32)   7 ミサゴ(1)   12 オオヨシキリ(S1)
3 ゴイサギ(1)  8 コゲラ(1)   13 ムクドリ(100+)
4 アオサギ(16)  9 ハシボソガラス(5) 14 スズメ(10+)
5 ダイサギ(20) 10 ツバメ(数百?) 15 ハクセキレイ(2)
posted by k at 07:21| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。