2006年10月22日

06.10.15 八幡川探鳥会

速報になっていないのですが、一応記録としてご報告。

DSC04986.jpg


今月から八幡川は10時開始。
何だか手持ち無沙汰で早めに行ってみると、
開始30分前ぐらいに既に10人ぐらいの人達が集まっておられた。

河口を覗いてみると、
カモメ類がソコソコ入って採餌している。
セグロカモメも居るようで、初列やら足の色やら気になる。


で、
参加者26名で賑やかに開会。

DSC04987-T.jpg

埋立地内に入ってみると、
遠くの草の上にノビタキがチラチラ。。。。
北の池の向う岸に正体不明のシギチ1羽。
道路脇のブッシュに正体不明の小鳥。(セッカでした)

ズイズイ進んで2番目の池にはコガモ?が沢山。
スコープで確認しようとすると、いっせいにぶわ〜〜〜って飛んでしまった。
???????
猛禽?って思ったが、空にはミサゴ柱(6羽?)が有るだけで、
妖しい猛禽の姿は無い。

近づきすぎて飛ばしたのでしょうね。
まことに申し訳ないことです。


奥の池に到着すると、
その水面はカモだらけ!

担当さんのカウントに拠れば、その数1300羽以上。
既に最盛期の数に迫っているとの事で、
まだまだ数のそろっていない種類があることを考えると、
ココからあちこちに分散する前の段階かもしれません。

久々のカモたちをユックリ見ていると、
ナカナカ前に進めない。。。。。
時計はすぐに11:30を過ぎてしまいました。


ぐるりと回りこんで、
飛び去るチョウゲンボウ(だと思う)。
至近距離でアオアシシギが6羽。
全員で、草に登るノビタキ数羽を確認。

DSC04993-T.jpg

DSC04995-T.jpg

更に脇道にそれて、いつも通らない埋立地内を横切り、
寝ていたハマシギを何とか確認。
目が慣れてくるとムナグロ3羽の存在にも気付く。




結局13:00ぐらいまでかかって、終盤急ぎ足になりましたが、
飛来したカモ類にしっかりご挨拶できた楽しい探鳥会になりました。





【場 所】 八幡川河口 (広島市佐伯区)
【年月日】 2006年10月22日(日)
【時 刻】 10:00−13:00
【天 候】 晴天
【観察者】 探鳥会参加者(26名)
【環 境】 河口干潟・干拓地
【観察種】

1.カイツブリ 18.ミサゴ 35.カワセミ
2.ハジロカイツブリ 19.トビ 36.ヒバリ
3.カワウ 20.ノスリ 37.ショウドウツバメ
                                 100+
4.ゴイサギ 21.チョウゲンボウ 38.コシアカツバメ
                                 100+
5.ダイサギ 22.バン 39.キセキレイ
6.コサギ 23.オオバン 40.ハクセキレイ
7.アオサギ 24.ムナグロ 3 41.セグロセキレイ
8.マガモ 13 25.ハマシギ 1 42.ムネアカタヒバリ
9.カルガモ 17 26.アオアシシギ 6 43.ヒヨドリ
10.コガモ 38 27.キアシシギ 2 44.モズ
11.オカヨシガモ 12 28.イソシギ 1 45.ノビタキ
12.ヒドリガモ 1380 29.タシギ 46.イソヒヨドリ
13.オナガガモ 97 30.ユリカモメ 2 47.セッカ
14.ハシビロガモ 18 31.セグロカモメ 25 48.スズメ
15.ホシハジロ 100 32.カモメ 2 49.ムクドリ
16.キンクロハジロ 2 33.ウミネコ 110 50.ハシボソガラス
17.スズガモ 6 34.キジバト 51.ハシブトガラス


posted by k at 06:31| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。