2013年11月10日

13.11.10 三篠川BW初級講座

誰も来ないと信じていました。
IMGP2794_M.JPG

芸備線にトコトコ揺られて上深川駅で下車。
集合場所定刻には、なぜか3人も集まっていました。

天気予報は良い方に外れ、曇天の中BW初級講座がスタート。
河原まで出て、セグロセキレイの声に包まれながら観察スタートです。

初級講座らしく、まずは亜種オオダイサギの識別。
続いてイソシギの飛翔時の上面からの識別ポイント。
カワガラスの雌雄識別ポイントはという難解な質問を掻い潜りながら
電柱に止まったまま鳴き続けるトビの幼・成識別。(笑)
IMGP2805_M.JPG

IMGP2806_M.JPG
ヤマセミポイントは工事中でスルーされたけど、
何故か夏羽のカイツブリの、潜水中の急角度旋回技術の観察。。。。

歩き疲れて「やそ八」でおろしそばを堪能し、強雨は回避。
中締めの後、足を怪我したゴイサギ・カワセミのダイブ・ヒドリガモの潜水採餌。
換羽途中のコガモ♂の間抜け顔やハイタカの急降下。。。。。
IMGP2818_M.JPG

なんだかよくわからないけど、楽しいBW初級講座になりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

残された初級講座はあと1回のみ。最終回へのご参加をお待ちしております。

【日時】2013.11.10 9:00〜14:00
【天候】 曇時々雨
【場所】広島市安佐北区 三篠川(上深川〜下深川)
【環境】河川中流域 田園 住宅地
【観察者】 探鳥会参加者 3名
  1 カルガモ   10 イソシギ     19 ジョウビタキ
  3 カイツブリ  12 ハイタカ     21 スズメ
  4 キジバト   13 カワセミ     22 キセキレイ
  5 カワウ    14 モズ       23 ハクセキレイ
  6 ゴイサギ   15 ハシボソガラス  24 セグロセキレイ
  7 アオサギ   16 ハシブトガラス  25 ホオジロ
  8 ダイサギ   17 ヒヨドリ     26 アオジ
  9 コサギ    18 ウグイス


■皆様にご注意。
日本野鳥の会広島県支部の探鳥会は、原則「雨天中止」です。
誤解のありませぬよう。。。。
posted by k at 18:24| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になって眠れないのでここにメモ。

ヒドリガモ成鳥オスの雨覆の「白」。これって、小雨覆?中雨覆?
羽をたたんだ時に見える「白」は、雨覆?三列風切?

今日、やたら背中が白く見えていたのは、
背中の飾羽が伸長中の為って観察していたけど、それってホントなのか?

調べてもよくワカランから寝れない。。。。涙
Posted by 光本 at 2013年11月10日 20:17
たたんだ時の横の白は、三列風切だよね。。。。
Posted by 光本 at 2013年11月10日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。