2007年07月08日

07.07.08 八幡川探鳥会

「一年間で最も野鳥の少ない八幡川」探鳥会に参加してきました。

DSC08275-T.jpg


何故か雨の降らない八幡川。
今回も週末時点での天気予報を覆してのピーカン。
開始時では海辺の心地よい風が吹いていたものの、
虚弱体質の私にはなかなかハードな探鳥会でした。


今回の参加者は16名。
埋立地の中が工事中だったこともあって、
沢山歩く事も無く、皆さんがバラバラに行動することも無く、
先月に続いて、フレンドリーな雰囲気の横溢する楽しい探鳥会になりました。


特記事項としては、

・ササゴイ・ ヨシゴイ(大汗)が飛んだぁ!!!って
 K@五日市さんの発見から始まり、
 あそこにとまってるぅ! コッチに飛んできたぁ!
 風切の黒いのまで見えるぞ〜〜〜! って大盛り上がり。
 近くでの飛行と遠くでの止まり姿で充分楽しむことが出来ました。

■コアジサシ、居ません。 → 沢山居ます!!!
 人工干潟の外の会場に飛び交う10数羽のアジサシ類。
 気付けば新たに張られたオイルフェンスの上に20羽を超えるコアジサシ。
 留まっていたのか?帰ってきたのか?
 繁殖の確認までは出来ませんでしたが、
 2ヶ月ぶりのコアジサシin八幡川の姿でした。

■目つきの悪いシロチドリ。
 バッチリ干潟が広がった開始時一番。
 シロチドリの駆け回る姿を全員で観察。
 ぶち暑い日中に干潟を駆け回るシギチの姿は、
 夏らしい鳥見の一場面でした。

■カワセミもご挨拶。
 干拓地入り口の新たに作られたクリークで、
 カワセミ2羽の姿を確認。
 1羽は幼鳥のように見えましたが、確認まではいたりませんでした。

■その他、
 ミサゴのダイビング&杭の上での日光浴
 観察路横にとまってくれたセッカのドアップ。
 越夏中のカモの姿は、
 マガモ・カルガモ・コガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・ハシビロガモ。。。
 コガモはバッチリ繁殖羽。チョッと時期がおかしくないですか?
 河口干潟の浅瀬に集うコサギの追い込み漁。
 etc etc
 

梅雨時でも充分楽しめる八幡川探鳥会。
「八幡川侮りがたし」を何度実感すれば良いのでしょう。笑

DSC08240-T.jpg

DSC08241-T.jpg

DSC08253-T.jpg

DSC08255-T.jpg

DSC08260-T.jpg

DSC08269-T.jpg




【場 所】 八幡川河口 (広島市佐伯区)
【年月日】 2007年07月08日(日)
【時 刻】 09:00−11:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者 16名
【環 境】 河口
【観察種】

1.カイツブリ 12.ミサゴ 23.コシアカツバメ
2.カワウ 13.トビ 24.ハクセキレイ
3.ヨシゴイ 14.バン 25.セグロセキレイ
4.コサギ 15.コチドリ (3) 26.ヒヨドリ
5.アオサギ 16.シロチドリ (33) 27.オオヨシキリ
6.マガモ 17.ウミネコ (60) 28.セッカ
7.カルガモ 18.コアジサシ (24) 29.カワラヒワ
8.コガモ 19.キジバト 30.スズメ
9.ヒドリガモ 20.カワセミ 31.ムクドリ
10.オナガガモ 21.ヒバリ 32.ハシボソガラス
11.ハシビロガモ 22.ツバメ 33.ハシブトガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数



posted by k at 13:26| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。