2008年01月13日

08.01.13 八幡川探鳥会

八幡川探鳥会に参加してきました。

DSC00014-s.jpg

昨日は雨でしたが八幡川の日は当然のように降りません。
それでも「極寒の探鳥会」は避けられないだろうと、
色々着込んで万全の体制で臨んでみたら、曇天ながら無風状態で、
なんとも拍子抜けの心地よい探鳥会になりました。

まずは河口でカモ類やカモメ類。

DSC00018-s.jpg

人工干潟側に回り込むと、
ヒドリガモ・スズガモ・ウミアイサ・カンムリカイツブリの団体が、
のたりのたりと通常以上に大量に漂っています。

DSC00027-s.jpg



埋立地のフェンス内に立ち入り、巡光側に周ってクロガモ2羽を発見。
はっきり色のでていないながら嘴の黄色い♂若と♀が1羽ずつ。
参加者は足を止めてゆっくり観察しておられたようです。

DSC00032-s.jpg

奥の内水面まで行くと、内水面にカモ類が居ない。。。。。


岸に沿ってソコソコ蠢いてはいるものの、水面上にはオオバンのみ。
海側の最南端に石組みの岬が作られた影響なのでしょうか、
とても最盛期の八幡川の内水面の様子ではありませんでした。

DSC00037-s.jpg

DSC00045-s.jpg


カイツブリ類はカンムリカイツブリとカイツブリのみ。
カモ類は一応2羽のツクシガモと、ホシハジロ・ヒドリガモ・・・・
チョッと寂しい。。。。

年末に注目されたクロツラヘラサギも年が明けてまもなく姿を消したそうで、
岸辺に立ちこむ姿を見ることは出来ませんでした。



そんな中地味に盛り上がったのは、
カラスに追われて舞い上がったチュウヒの出現。
スコープで延々観察させてくれました。

顔から肩に掛けて殆ど白っぽくて、原から背に掛けて濃い赤茶色。
遠目に見ても虹彩は黒。チュウヒ♀若って感じでしょうか?

DSC00053-s.jpg




ってことで、今年初の八幡川。
沢山の参加者に恵まれてホノボノ楽しく開催されました。
是非皆さん一度ご参加ください。



【場 所】 八幡川 (広島市佐伯区)
【年月日】 2008年01月13日(日)
【時 刻】 10:00−13:00
【天 候】 曇り
【観察者】 探鳥会参加者(40名?)
【環 境】 河口・干拓地
【観察種】

1.カイツブリ 17.クロガモ 2 33.キジバト
2.カンムリカイツブリ 18.ホオジロガモ 1 34.ヒバリ
3.カワウ 19.ウミアイサ 15 35.ハクセキレイ
4.コサギ 20.ミサゴ 36.セグロセキレイ
5.アオサギ 21.トビ 37.タヒバリ
6.ツクシガモ 2 22.チュウヒ 38.ヒヨドリ
7.マガモ 92 23.バン 39.モズ
8.カルガモ 40 24.オオバン 74 40.ジョウビタキ
9.コガモ 64 25.シロチドリ 71 41.ツグミ
10.オカヨシガモ 222 26.タゲリ 1 42.メジロ
11.ヒドリガモ 284 27.ハマシギ 52 43.ホオジロ
12.オナガガモ 176 28.イソシギ 1 44.オオジュリン
13.ハシビロガモ 12 29.ユリカモメ 130 45.スズメ
14.ホシハジロ 51 30.セグロカモメ 5 46.ムクドリ
15.キンクロハジロ 2 31.カモメ 7 47.ハシボソガラス
16.スズガモ 127 32.ウミネコ 1 48.ハシブトガラス


posted by k at 19:54| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。