2015年01月11日

15.01.11 ガンカモ調査 海田湾〜瀬野川〜熊野川


【場 所】 海田湾〜瀬野川〜熊野川(安芸郡海田町)
【年月日】 2015年1月11日(日)
【時 刻】 11:30〜13:00
【天 候】 晴れ
【環 境】 河口〜河川下流部〜中流部〜上流部
【観察者】 
【観察種】
1、ツクシガモ    1       11、アオサギ   21、トビ
2、ヒドリガモ    60(33 27)  12、ダイサギ   22、シジュウカラ
3、マガモ      12( 8 4)  13、コサギ    23、ヒヨドリ
4、カルガモ     2      14、オオバン 20 24、エナガ
5、オナガガモ    47(33 14)  15、イソシギ   25、ツグミ
6、ホシハジロ    32(24 8)  16、ユリカモメ  26、スズメ
7、キンクロハジロ  10( 2 8)  17、ウミネコ   27、ハクセキレイ
8、カイツブリ     4       18、カモメ    28、セグロセキレイ
9、キジバト             19、セグロカモメ 29、カワラヒワ
10、カワウ      56      20、ミサゴ

IMG_0110-T.JPG
posted by k at 13:22| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15.01.11 ガンカモ調査 本庄水源地

三列表示の調整が出来ておりませんが、速報です。

【場 所】 本庄水源地(呉市焼山)
【年月日】 2015年1月11日(日)
【時 刻】 9:00〜11:00
【天 候】 晴れ
【環 境】 湖沼、里山
【観察者】 KOMOTO、N・T
【観察種】
1、オシドリ    55(31 24)  14、カワウ  20   27、シジュウカラ
2、オカヨシガモ  14( 9  5)   15、アオサギ     28、ヒヨドリ
3、ヨシガモ    37(24 13)  16、ダイサギ     29、エナガ
4、ヒドリガモ   37(22 15)  17、コサギ      30、メジロ
5、マガモ     64(40 24)  18、バン       31、トラツグミ
6、カルガモ     2        19、オオバン 42    32、シロハラ
7、ハシビロガモ  18(12 4)   20、ミサゴ      33、ツグミ
8、コガモ    6( 4 2)   21、トビ       34、ジョウビタキ
9、ホシハジロ   12( 6 6)   22、カワセミ     35、スズメ
10、キンクロハジロ 50(21 29)  23、コゲラ      36、キセキレイ
11、ミコアイサ   18( 4 14)  24、モズ       37、ハクセキレイ
12、カイツブリ   21       25、ハシボソガラス  38、セグロセキレイ
13、キジバト             26、ヤマガラ     39、アトリ


【特記事項』
 ■逆光と落ち着いてくれないのとで、途中でカウントをあきらめかける。
  Nさんに励まされて、なんとか形を整えることが出来た。
 ■ミコアイサの成鳥♂が4羽。ほぼ完璧な成鳥夏羽。
  今年♀ってカウントしている個体が、来年は何羽オスらしくなって帰って
  きますでしょうか?
 ■カウントを終えて談笑しながら歩いていたら、黄色と黒の縞模様のデカイのが飛んだ。
  トラツグミでした。ここでは初めてではないかな?

IMG_0100-T.JPG
逆光で、全然調査になりませぬ。

IMG_0103-T.JPG
posted by k at 13:01| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

■本庄水源地カモ類カウント調査のお誘い■

1月11日(日曜日)午前9:00より、
呉市焼山の「本庄水源地」において、ガンカモ類生息数調査を実施いたします。

今年度は野鳥の会広島県支部主催の探鳥会は開催しません。
冬季の本庄水源地の野鳥に興味のある方は、是非調査にご参加ください。
IMG_0067-T.JPG

今年はオシドリも居るし、パンダになったミコアイサも居ますよ〜〜〜。(遠いけど…)

posted by k at 13:43| 広島 ☔| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

14.12.14 本庄水源地探鳥会

本庄水源地で開催された、
カワウカウント調査を兼ねた探鳥会に参加してきました。

IMG_0068-T.JPG

参加者は10名。楽しい探鳥会運営にはベストの人数。
その上参加者は、探鳥会2回目の人が1名。カワウ調査に興味ありの方1名。
この場所が初めての方が3名。常連さんが6名。
担当者が1名、前担当者が1名、前々担当者が1名。

IMG_0056-T.JPG

こんな楽しくってある意味「楽な」メンバーもありません。
私の最後の探鳥会は、非常に楽しくスムーズに進行し、終了したのでありました。

IMG_0057-T.JPG

IMG_0067-T.JPG


【場 所】 本庄水源地(呉市焼山)
【年月日】 2014年12月14日(日)
【時 刻】 14:00〜16:30
【天 候】 晴れ
【環 境】 湖沼、里山
【観察者】 探鳥会参加者10名(内、会員8名)
【観察種】
    1、オシドリ 30    13、キジバト    25、ヒヨドリ
   2、ヨシガモ      14、カワウ 30   26、エナガ
   3、ヒドリガモ     15、ゴイサギ    27、メジロ
   4、マガモ       16、アオサギ    28、シロハラ
   5、カルガモ      17、ダイサギ    29、ツグミ
   6、ハシビロガモ    18、オオバン    30、ジョウビタキ
    7、コガモ  30    19、トビ      31、スズメ
    8、ホシハジロ     20、カワセミ    32、ハクセキレイ
    9、キンクロハジロ   21、ハシボソガラス 33、セグロセキレイ
   10、ミコアイサ     22、キクイタダキ  34、アトリ
   11、カイツブリ     23、ヤマガラ    35、ホオジロ
   12、カンムリカイツブリ 24、シジュウカラ   36、ベニマシコ
posted by k at 18:08| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

14.12.13 太田川探鳥会

太田川探鳥会に参加してきました。
個人的には熱い思いを込めての探鳥会でしたが、
支部会員諸兄には全く受け入れていただけなかったようで、
完全無視…って体たらく。企画力の至らなさをまたまた痛感した次第です。

IMG_0042-T.JPG

今日の主題は「カワウねぐら調査」。

とは言っても折角探鳥会なのだから、少しぐらいは歩いて探鳥しようかなぁ〜なんて
思っていましたが、集合場所に来られたのは、太田川漁協からのお二人と、
カワウ調査に興味ありとの若者お一人だったので、
全コース割愛して速攻で調査を開始し、厳寒の中の「歩かない探鳥会」となりました。

IMG_0036-T.JPG

IMG_0037-T.JPG
サブカッタ。。。。涙


【場 所】 太田川(広島市中区白島北町)
【年月日】 2014年12月13日(土)
【時 刻】 14:00〜17:30
【天 候】 晴れ〜雪〜曇り
【環 境】 河川下流域の中洲
【観察者】 探鳥会参加者6名(内、会員3名)
【観察種】
     1 オカヨシガモ   8 アオサギ    15 ハシブトガラス
     2 ヒドリガモ    9 ダイサギ    16 ヒヨドリ
     3 マガモ      10 コサギ(207) 17 メジロ
     4 カルガモ(31)  11 ユリカモメ   18 ムクドリ
     5 カイツブリ    12 ミサゴ     19 ツグミ
     6 キジバト     13 トビ     20 スズメ
     7 カワウ(81)   14 ハシボソガラス

IMG_0040-T.JPG
この人。裸足ですよ。。。。

IMG_0041-T.JPG
向うの空から吹雪がやってきました。涙

IMG_0043-T.JPG

IMG_0048-T.JPG

IMG_0050-T.JPG
posted by k at 21:08| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

14.11.08 縮景園探鳥会

縮景園探鳥会に参加してきました。
IMG_0602-T.JPG

曇天ではありましたが、肌寒くも無く、風も無く、
美貌のリーダーの素晴らしいお導きのもと、
半数を超える非会員の皆さまと楽しく園内を散策出来ました。

菊花展の美しい菊を見る暇も無く、
いきなり2羽のカワセミで盛り上がり始め、
ツグミ・シロハラ・ジョウビタキの冬鳥トリオの出現。
ここでは珍しいヤマガラさんと、イカル20+の団体様ご一行。。。。

池の北側に回り込んで、3羽のカルガモはお昼寝中。
林床には3羽のビンズイ。
IMG_0619-T.JPG

初心者さんには観づらいシーンもありましたが、
それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。
きっといつか、この地での探鳥会が開催されるはずです。
その際にはぜひご参加ください。
IMG_0624-T.JPG

【場 所】 縮景園(広島市中区)
【年月日】 2014年16月08日(土)
【時 刻】 9:10 − 11:30
【天 候】 くもり
【環 境】 都市公園
【観察者】 探鳥会参加者21名
【観察種】
   1.カワウ    9.コゲラ     17.シロハラ
   2.アオサギ   10.ハシボソガラス 18.ツグミ
   3.イソシギ   11.ハシブトガラス 19.ジョウビタキ
   4.ユリカモメ  12.ヤマガラ    20.スズメ
   5.セグロカモメ 13.シジュウカラ  21.ハクセキレイ
   6.ミサゴ    14.ヒヨドリ    22.ビンズイ
   7.トビ     15.ウグイス    23.カワラヒワ
   8.カワセミ   16.メジロ     24.イカル
posted by k at 14:29| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

14.07.12 太田川「カワウ調査」探鳥会

とうとう開催、「歩かない探鳥会」!
時は梅雨真っ只中なれど、薄曇りで川面からそよ風がふき、何故か無「虫」。
絶好の「夕涼み」状態で汗もかかずに観察できました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。m(__)m

IMGP3316-T.JPG

IMGP3313-T.JPG

IMGP3315-T.JPG

内容は「カワウ模擬調査」、ついでの水辺の野鳥観察。
コサギが浅瀬でダンスを繰り返し、アオサギは中洲で子育て中。
上空にはミサゴが挨拶に現れ、頭上をかすめてムクドリがねぐらへ。
夕闇が迫るころにはツバメがウジャウジャと飛び交いながら、
一つ向うの中洲にねぐら入りをしていきました。

一般参加で熱心にカワウ調査に協力していただきました3名のお嬢様。
太田川漁協のお二人、広島市からのお二人。
何の解説も出来ませんでしたが、ぜひまた探鳥会にお越しくださいませ。

調査方法の体験に来られた野鳥の会の皆様。
詳しい調査方法は日■野さんの方にでもお問い合わせください。


【日時】平成26年7月12日(土曜日)16:000〜19:40
【場所】広島市中区北白島町 
【環境】河川下流域
【天候】薄曇り そよ風
【観察者】 探鳥会参加者(会員9名 非会員5名)
【観察種】
1 カルガモ(1)  6 コサギ(20)    11 コシアカツバメ
2 カワウ(32)   7 ミサゴ(1)   12 オオヨシキリ(S1)
3 ゴイサギ(1)  8 コゲラ(1)   13 ムクドリ(100+)
4 アオサギ(16)  9 ハシボソガラス(5) 14 スズメ(10+)
5 ダイサギ(20) 10 ツバメ(数百?) 15 ハクセキレイ(2)
posted by k at 07:21| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

14.06.01 比婆山探鳥会

5年ぶり(?)。
県支部最高の夏鳥コーラスの探鳥会に参加してきました。


【場 所】 比婆山(広島県庄原市)
【年月日】 2014年06月01日(日)
【時 刻】 4:30 − 10:30
【天 候】 快晴
【環 境】 高山(1000m) 純ブナ林
【観察者】 探鳥会参加者8名
【観察種】
   1 キジバト    12 アカゲラ    23 エゾムシクイ
  2 アオバト    13 アオゲラ    24 ミソサザイ
  3 ジュウイチ   14 モズ      25 トラツグミ
  4 ホトトギス   15 カケス     26 クロツグミ
  5 セグロカッコウ 16 ハシボソガラス 27 コマドリ
  6 ツツドリ    17 ハシブトガラス 28 コルリ
  7 カッコウ    18 ヤマガラ    29 キビタキ
  8 アマツバメ   19 ヒガラ     30 オオルリ
  9 コノハズク   20 シジュウカラ  31 クロジ
  10 アカショウビン 21 ウグイス   
  11 コゲラ     22 エナガ     ■ソウシチョウ

IMGP3252_M.JPG

IMGP3255_M.JPG

IMGP3265_M.JPG

IMGP3270_M.JPG

IMGP3296_M.JPG

IMGP3298_M.JPG



IMG_0297.JPG
posted by k at 21:39| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

14.4.13 太田川探鳥会(雨天中止)

結構な降雨のため、太田川探鳥会は中止となりました。
9:10まで集合地点でお待ちしておりましたが誰も来られなかったので、
独りで寂しく河川敷に置いた車まで歩いてみました。

IMGP3163_M.JPG

IMGP3174_M.JPG

雨のフィールドは結構好きです。
コサギが目の前で採餌。カワウ3羽の潜水採餌も独り占めで観察。
上流からカワセミ♂が鳴きながら飛んできて目の前に。
イソシギも忙しそうにおしりを振っている。

道なき道を歩いている私をブッシュのエンベリがいざないます。
傘をさしながら必死で観察。何羽見てもガングロのアオジ。
でもこの時期・この環境。他にも何かがいるかもしれないと粘って粘って。
結局約10羽ぐらい、すべてアオジばかりと確信しました。

IMGP3178_M.JPG

更にごそごそする奴をしばらく待っていると、ガングロノビタキさん登場。。。
予定通りの観察で独り笑顔に。

鳥との距離を感じながら待ったり進んだり、探したり感じたり。。。
ほとんど「離島で観察」気分満点。笑
楽しい雨のお散歩になりました。

IMGP3201_M.JPG

IMGP3211_M.JPG


【場 所】 太田川(西原駅起点)
【年月日】 2014年04月13日(日)
【時 刻】 8:30 − 10:30
【天 候】 雨
【環 境】 住宅街の川辺・河川敷荒れ地
【観察者】 雨でも歩いた担当さん1名
【観察種】
   1 カルガモ(2) 7 イソシギ(1)   13 ムクドリ
   2 コガモ(1・1) 8 カワセミ(1・0) 14 ツグミ(10+)
   3 キジバト    9 モズ(0・1)   15 ノビタキ(5+)
   4 カワウ(8)  10 ハシボソガラス  16 スズメ
   5 アオサギ(1) 11 ツバメ(20+)  17 ハクセキレイ
   6 コサギ     12 ウグイス     18 アオジ(10+)
posted by k at 11:45| 広島 ☔| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

太田川アイクラブ観察会

三篠公民館主催の小学生対象観察会に参加してきました。

公民館の方から県支部の方に依頼を受けて2年目の開催です。
その前は個人が請け負っておられたようですが、
昨年からは支部として協力することになり、私も参加させていただきました。

集合の9:00から60分程度、集会室でプロジェクターを使って座学。
その後90分程度公民館周辺を探鳥。
室内に戻って今日の復習と質疑応答。

ポカポカ陽気にも助けられ、
小学生たちも伸びやかに参加してくれて、
楽しい観察会になったのではないかと思います。


【場 所】 広島市西区三篠公民館周辺)
【年月日】 2014年02月22日(土)
【時 刻】 9:00 − 12:00
【天 候】 快晴
【環 境】 街中の小さな公園と、太田川放水路河川敷
【観察者】 太田川アイクラブ観察会参加者(16名)
【観察種】
  1,ヒドリガモ  7,イソシギ     13,ヒヨドリ
  2,マガモ    8,ミサゴ      14,スズメ
  3,コガモ    9,トビ       15,ハクセキレイ
  4,カイツブリ  10,コゲラ      16,カワラヒワ
  5,キジバト   11,ハシボソガラス  17,オオジュリン
  6,カワウ    12,ハシブトガラス   18,風見鶏

■子どもたちの感想を引いて、本日のトピックス
・ハクセキレイが河川敷の芝生の上を走っていました。
・カモが逆立ちしていました。(ヒドリガモが採餌してました。笑)
・コゲラが木をつついていました。(公園で大サービス)
・マガモのメスがふっくらしていました。
・カモがカップルになっていました。
・スズメが三篠小学校の照明塔で巣作りを始めていました。
・井町さんの63歳のお誕生日でした。(謎
・むさしに行って美味しいうどんとそばを食べて帰りました。(謎その2

IMGP3132_M.JPG

IMGP3140_M.JPG

IMGP3143_M.JPG

IMGP3146_M.JPG

IMGP3151_M.JPG
posted by k at 22:29| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

14.02.02 本庄水源地探鳥会

呉市本庄水源地での探鳥会に参加してきました。
雨も心配されましたが、曇りながら無風で暖かい一日。
お陰で湖畔はガスり、カモ類の姿は幽霊のよう。。。。。涙

162_M.JPG

その代わり小鳥類がしっかり出てくれて、山の小鳥観察会になりました。

参加者は絶好の16名。担当さんはそれだけで大喜びだったのに、
ナント鳥取県から、小学生・幼稚園児さん・ご両親のご家族が参加してくださったので、
通常比150%のハリキリ振りだったようです。
175_M.JPG

当然、地元のおばさま方も大勢参加してくださいました。
1年に一度しか探鳥会が開かれないことを申し訳なく思いました。。。。m(__)m
今度は熊野で探鳥会をしますのでどうぞまた参加してください。

173_M.JPG

担当さんは「なんとか楽しい探鳥会を開催したい」と願い、努力しています。
でも結局のところ、参加者の皆さんのお人柄で「楽しい」は決まるのだ・・・と、
当たり前のことながらも再度教えていただけた探鳥会でした。深く深く感謝申し上げます。

 
【場 所】 本庄水源地(呉市)
【年月日】 2014年02月02日(日)
【時 刻】 9:00 − 12:00
【天 候】 くもり
【観察者】 探鳥会参加者(16名)
【観察種】
    1、キジ        15、カワウ    29、メジロ
    2、オシドリ      16、アオサギ   30、シロハラ
    3、ヨシガモ      17、ダイサギ   31、ツグミ
    4、ヒドリガモ     18、コサギ    32、ジョウビタキ
    5、マガモ       19、オオバン   33、ハクセキレイ
    6、カルガモ      20、ミサゴ    34、セグロセキレイ
    7、ハシビロガモ    21、トビ     35、アトリ
    8、コガモ       22、コゲラ    36、カワラヒワ
    9、ホシハジロ     23、ハシボソガラス37、ベニマシコ
   10、キンクロハジロ   24、ヤマガラ   38、シメ
   11、ミコアイサ     25、シジュウカラ 39、ホオジロ
   12、カイツブリ     26、ヒヨドリ   40、アオジ
   13、カンムリカイツブリ 27、ウグイス
   14、キジバト      28、エナガ


■シメが一個連隊(20+)の群れで現れ大サービス
■ベニマシコも♂♀登場。小鳥が賑やか。
■ハシボソガラスも大活躍で、貝を割って食べる行動や、
 大きなまだ生きているブラックバスをつつき食べている姿を見せてくれました。
■ダイサギは、3羽ともチュウダイサギだったようです。越冬してるのね。。。。
■楽しみにしていただいていたオシドリは♂1♀2の3羽だけ。
■ミコアイサも♀タイプばかり。
 来年はきっちりパンダ姿で帰ってきてくれるはずです。お楽しみに。
■この貝は何?? カラスの餌食になっておりました。(ドブガイの仲間???)
164_M.JPG
posted by k at 18:09| 広島 🌁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

14.01.19 瀬野川探鳥会

県支部初開催の海田町における探鳥会に参加してきました。

記念すべき1900回探鳥会は「瀬野川探鳥会」。
手元の記録をひっくり返してみましたが、1900回の歴史の中に、何故か全く海田町での探鳥会がありませんでした。本質が「天邪鬼」ですからこれ幸いと企画してみたのですが、さて結果はどうだったのでしょう。

IMGP3033_M.JPG

朝からしっかり冷え込み、山の方は白くなっていましたが、下見の間は青空が広がり、集合時間30分前はこんな晴天。。。。

IMGP3034_M.JPG

11名の参加者を得、まずはひまわり大橋から観察開始。地元付近の参加者が約半数。遠方は廿日市市・安佐北区から。素晴らしい光のなかで採餌中のヒドリガモ・オナガガモ・カルガモを観察。
その後、海田警察方面に南下。

IMGP3035_M.JPG

電柱にイソヒヨドリ♀。
川面にはヒドリガモ・オカヨシガモ・キンクロハジロ・ホシハジロ等。
だんだん天気が悪くなる中、じっくりと観察していただけました。

IMGP3037_M.JPG

皆さん割とノンビリじっくり観察されるので、予定コース半ばで「引き返しましょうか?」と振ってみると、「もう少し歩いてもよい」との返答でしたので、河口までの長征決定。

黙々と歩く死の行軍の後。。。

IMGP3041_M.JPG

やっと着いた河口部は、カキガラ捨て場がほぼ冠水状態。
目の前でカモメ!ってわけにはいきませんでしたが、南に広島大橋と海田大橋の威容を眺めながら、ガラ捨て場で採餌する結構な数のホシハジロ・オオバン・セグロカモメ・カラス類・コガモを観察することが出来ました。

帰り道もまた死の行軍。。。。皆様、お疲れさまでした。m(__)m
担当としては結構満足していますが、楽しかったのでしょうか?
来年は上流でやりましょうね。(大汗)


【場 所】 瀬野川探鳥会(安芸郡海田町)ひまわり大橋〜河口
【年月日】 2014年01月19日(日)
【時 刻】 09:00−12:00
【天 候】 晴れ→曇り→小雪
【観察者】 探鳥会参加者(11名)
【環 境】 河川下流部・河口
【観察種】
    1、オカヨシガモ  10、カワウ    19、トビ
    2、ヒドリガモ   11、アオサギ   20、ハシボソガラス
    3、マガモ     12、コサギ    21、ハシブトガラス
    4、カルガモ    13、オオバン   22、ヒヨドリ
    5、オナガガモ   14、イソシギ   23、ムクドリ
    6、ホシハジロ   15、ユリカモメ  24、ジョウビタキ
    7、キンクロハジロ 16、カモメ    25、イソヒヨドリ
    8、カイツブリ   17、セグロカモメ 26、スズメ
    9、キジバト    18、ミサゴ    27、ハクセキレイ


■探鳥会中でのカウント調査を目論んでいましたが、やっぱり無理でした。
 終了後独り寂しく調査しました。涙
■途中曇り、最後は小雪も舞いましたが、鳥との近さは抜群のコース。
 ぜひ来年もと考えています。
■今回は、ほぼ無理やりの「出前探鳥会」の体でしたが、
 6名もの地元の方に参加していただけた事を嬉しく思っております。
 (沢山情報収集できました。ありがとうございました。)
posted by k at 13:59| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

14.01.13 ガンカモ調査 本庄水源地

いつものようにガンカモ調査に参加してきました。。
ついでに探鳥会の下見も兼ねて。。。。。

今年の本庄水源地は、多過ぎず、少な過ぎず。。。。
飛び過ぎず、飛び無さ過ぎず。。。。。
よもやま話を交えながら楽しいカウント調査になりました。
ご協力をいただきました先輩方、ありがとうございました。




【場 所】 呉市焼山 本庄水源地
【年月日】 2014年01月13日(月・祝)
【時 刻】 0900−1030
【天 候】 晴れ
【観察者】 前西・鳴海・上岡・西村・光本
【環 境】 湖沼
【観察種】
    1、オシドリ   (15、9) 15、カワウ(32) 29、ヤマガラ
   2、オカヨシガモ ( 1、2) 16、ゴイサギ 30、ヒヨドリ
   3、ヨシガモ   (29、21) 17、アオサギ 31、ウグイス
   4、ヒドリガモ  ( 3、 3) 18、ダイサギ    32、エナガ
    5、マガモ    (34、25) 19、オオバン(16) 33、ミソサザイ
    6、カルガモ   ( 5、 2) 20、イソシギ    34、シロハラ
    7、ハシビロガモ ( 3、 5) 21、ミサゴ     35、ツグミ
    8、コガモ    (11、 6) 22、トビ      36、ジョウビタキ
    9、ホシハジロ  (11、 6) 23、カワセミ    37、ハクセキレイ
   10、キンクロハジロ(16、19) 24、ヤマセミ    38、セグロセキレイ
   11、ミコアイサ  ( 、30) 25、コゲラ     39、ビンズイ
   12、カイツブリ  (19)   26、ハヤブサ    40、シメ
   13、カンムリカイツブリ(1) 27、ハシボソガラス 41、ホオジロ
   14、キジバト         28、ハシブトガラス 42、アオジ


posted by k at 15:43| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

14.01.11太田川探鳥会(不動院)

太田川探鳥会に参加してきました。
今回のコースは不動院駅から大芝水門の往復のみ。新年早々ですからお手軽コースです。
IMGP2915_M.JPG

20分前に集合場所に到着。ざっと水面をスキャンしたら何にもいない。(大汗
中州はバッチリ出ていて唯一の頼みの綱のカモメ類は、定位置で休憩中。
安心して集合時間を迎える。

IMGP2917_M.JPG

ご参加は11名。
担当さんが1年ぶりの探鳥会担当なので、ご心配していただいたのか、
超ベテランのW木ご夫妻、I町前支部長、Oさんがヘルプで参戦。
会員歴は浅いがいでたちからしてやる気満々のWさん。
FBで知り合ったFさんも初めて参加してくださる。

集合地から河川敷に場所を代え、新年のご挨拶に現れたジョウビタキを無視しながら、
全員の自己紹介の後ゆるりと探鳥会が始まり・・・・・。



大した盛り上がりも無く、ゆるりと終了しました。(笑)

【日時】平成26年1月11日(土曜日)9:00〜11:00
【場所】広島市東区 不動院駅〜大芝水門(往復)
【環境】河川下流域
【天候】晴れ
【観察者】 探鳥会参加者(11名)
【観察種】
  1,カイツブリ(4)  8,カモメ(3)     15,ジョウビタキ(2)
  2,キジバト(1)  9,セグロカモメ(40)  16,スズメ(10)
  3,カワウ(5)   10,ミサゴ(1)     17,ハクセキレイ(2)
  4,アオサギ(1)    11,トビ(1)      18,セグロセキレイ(3)
  5,ダイサギ(3) 12,ハシボソガラス(2) 19,カワラヒワ( )
  6,オオバン(10) 13,ハシブトガラス(2) 20,ホオジロ(3)
  7,イカルチドリ(7)  14,ツグミ(10)     21,アオジ(1)
 ※忘れ物
  22.カルガモ(2)  23、キンクロハジロ(♂1♀2)

■特記事項としては
・背中の黒っぽいセグロカモメで皆さん「?」担当さんの識別能力の無さで特定されず。
(色グロのセグロの範疇だろうなぁ。。。〜足はピンク、頭部は夏羽並の白さ)
・繁殖羽のカワウ、そうでないカワウ。。。
・カモ類絶滅の中、キンクロハジロ若♂1・♀2。限界的遠方にカルガモ2。
・イカルチドリは元気に砂州を徘徊中。
・セキレイ類も非常に少なく、取り合わせの後にシロ・クロ3羽が近くでダンス。
・山系の小鳥はツグミのみ。岸近くのピラカンサを食べていた模様。
 (エナガ・シジュウカラなどは現れず)
・その他小鳥は、ホオジロ・アオジのみ。
posted by k at 18:28| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

13.12.08 23―d(東広島市)ドライブセンサス

「サンフレッチェ奇跡の二連覇!!」の感動冷めやらぬ本日は、
ベテラン調査員さんに同行させていただき、メッシュ調査を体験してきました。

IMGP2871_M.JPG


【日時】平成25年12月8日(日曜日)6:30〜14:30
【天候】晴れ時々曇り あまり寒くなく過ごしやすい1日
【場所】東広島市(メッシュNo.23-d)一帯
    JR東広島市駅周辺田園地帯 三永水源地の一部 蚊無峠
    安芸津側の林道3本
【環境】山林 湖沼 田園 住宅地
【観察種】
  1.オシドリ      18.アオサギ    35.ウグイス
  2.オカヨシガモ    19.ダイサギ    36.エナガ
  3.ヒドリガモ     20.バン      37.メジロ
  4.マガモ       21.オオバン    38.ムクドリ
  5.カルガモ      22.ケリ      39.シロハラ
  6.ハシビロガモ    23.イソシギ    40.ツグミ
  7.オナガガモ     24.トビ      41.ルリビタキ
  8.トモエガモ     25.ノスリ     42.ジョウビタキ
  9.コガモ       26.カワセミ    43.スズメ
  10.ホシハジロ     27.コゲラ     44.ハクセキレイ
  11.キンクロハジロ   28.モズ      45.セグロセキレイ
  12.ミコアイサ     29.カケス     46.カワラヒワ
  13.カイツブリ     30.ハシボソガラス 47.シメ
  14.カンムリカイツブリ 31.ハシブトガラス 48.ホオジロ
  15.ハジロカイツブリ 32.ヤマガラ    49.カシラダカ
  16.キジバト      33.シジュウカラ  50.ミヤマホオジロ
  17.カワウ       34.ヒヨドリ    51.アオジ

■特記事項
・長時間の調査中、色々質問し深く「鳥見」について思索をめぐらした一日でした。
・珍しいものは特に記録無く、取り落とした種も特に無く。
・本来であれば上の表に観察種の個体数を記入すべきところ、
 実は全然記録をとっていなかった「トンでも同乗者」でした。汗
・事前に非常に心配されていた巨体の通り抜け。なんとか掠り傷程度で無事踏破。

001IMGP2896_M.jpg

posted by k at 19:00| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

13.11.24 太田川BW初級講座I

太田川BW初級講座Iに参加してきました。
H25年度の新企画として登場したBW初級講座の最終回です。

白島駅には次々と参加者の皆さまがご参集。アリガタヤアリガタヤ。。。。
喜びすぎた担当者は用意していたスタートプログラムを忘れ去って、
挨拶もそこそこに初級講座をスタートさせました。

IMGP2826-1_M.jpg

まずは予定外の長寿園の森に移動。
冷え切ったコンクリートに参加者の皆様を座らせて長々座学。
周辺からは群れて採餌するスズメの気配や、シメやムクドリの声がしているのに…。。。

IMGP2829-1_M.jpg

で、一応、双眼鏡やスコープの使い方、野鳥の見つけ方・感じ方など、
初級講座らしいレクチャーを終えて観察スタートです。(お待たせいたしました。涙)

IMGP2834-1_M.jpg

IMGP2836-1_M.jpg

IMGP2839_M.JPG

IMGP2841_M.JPG

大芝水門までたどり着きました。
別の角度に視界が広がり、眼下にはダイサギ・アオサギ・カワウ・セグロカモメ。
さらには、イソシギ・イカルチドリ・マガモ・カルガモ・オカヨシガモ。
最終的にはちゃんとカワセミも見つけていただきました。

IMGP2850_M.JPG

IMGP2849_M.JPG

IMGP2859_M.JPG

う〜〜〜ん。。。。  楽しかったですか?>皆さま
「BWの楽しさを伝えるのが今日の主題です」とうそぶいてはいたものの、
最終的にはカモメの識別まで行きつくという結構欲張った探鳥会になってしまい、
反省ばかり残った担当さんでありました。

でも担当者は楽しませていただきました。
また来年。機会がありましたらお会いしましょう。

【日時】平成25年(2013)11月24日(日) 9:00〜12:00
【天候】 晴れ  15℃
【場所】広島市中区白島〜東区牛田
【環境】河川下流域 公園 住宅地
【観察者】 探鳥会参加者 11名
    1 オカヨシガモ 12 ソシギ     23 メジロ
   3 マガモ    14 セグロカモメ  25 ムクドリ
    4 カルガモ   15 ミサゴ     26 ツグミ
    5 カイツブリ  16 トビ      27 スズメ
    6 キジバト   17 カワセミ    28 ハクセキレイ
    7 カワウ    18 ハシボソガラス 29 セグロセキレイ
    8 アオサギ   19 ハシブトガラス 30 カワラヒワ
    9 ダイサギ   20 シジュウカラ  31 シメ
   10 コサギ    21 ヒヨドリ
   11 イカルチドリ 22 ウグイス
posted by k at 20:48| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

13.11.10 三篠川BW初級講座

誰も来ないと信じていました。
IMGP2794_M.JPG

芸備線にトコトコ揺られて上深川駅で下車。
集合場所定刻には、なぜか3人も集まっていました。

天気予報は良い方に外れ、曇天の中BW初級講座がスタート。
河原まで出て、セグロセキレイの声に包まれながら観察スタートです。

初級講座らしく、まずは亜種オオダイサギの識別。
続いてイソシギの飛翔時の上面からの識別ポイント。
カワガラスの雌雄識別ポイントはという難解な質問を掻い潜りながら
電柱に止まったまま鳴き続けるトビの幼・成識別。(笑)
IMGP2805_M.JPG

IMGP2806_M.JPG
ヤマセミポイントは工事中でスルーされたけど、
何故か夏羽のカイツブリの、潜水中の急角度旋回技術の観察。。。。

歩き疲れて「やそ八」でおろしそばを堪能し、強雨は回避。
中締めの後、足を怪我したゴイサギ・カワセミのダイブ・ヒドリガモの潜水採餌。
換羽途中のコガモ♂の間抜け顔やハイタカの急降下。。。。。
IMGP2818_M.JPG

なんだかよくわからないけど、楽しいBW初級講座になりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

残された初級講座はあと1回のみ。最終回へのご参加をお待ちしております。

【日時】2013.11.10 9:00〜14:00
【天候】 曇時々雨
【場所】広島市安佐北区 三篠川(上深川〜下深川)
【環境】河川中流域 田園 住宅地
【観察者】 探鳥会参加者 3名
  1 カルガモ   10 イソシギ     19 ジョウビタキ
  3 カイツブリ  12 ハイタカ     21 スズメ
  4 キジバト   13 カワセミ     22 キセキレイ
  5 カワウ    14 モズ       23 ハクセキレイ
  6 ゴイサギ   15 ハシボソガラス  24 セグロセキレイ
  7 アオサギ   16 ハシブトガラス  25 ホオジロ
  8 ダイサギ   17 ヒヨドリ     26 アオジ
  9 コサギ    18 ウグイス


■皆様にご注意。
日本野鳥の会広島県支部の探鳥会は、原則「雨天中止」です。
誤解のありませぬよう。。。。
posted by k at 18:24| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

13.11.03 太田川BW初級講座

朝から大雨。
集合地点でお待ちしていたら、何故かguts氏登場。(笑)
直後にカワウの美しい編隊100+も飛んじゃうし。。。。
仕方ないので(?)二人で傘をさして探鳥会開始。

丁度満潮の潮どきだったようで、川には水がいっぱい。
水没しかけの葦原でg氏、アオジ確認。
ジョウビタキ♂♀の戯れをユックリ観察。
上空をセグロカモメやドバトが飛び交い、
ハシブトガラスが楽しげに。。。。。

雨のフィールドもなかなか楽しいものでした。


【日時】2013.11.03 9:10〜10:30
【天候】雨
【場所】広島市中区
【観察者】探鳥会参加者(?)2名
【観察種】
1 アオサギ   7 ヒヨドリ   13 ハクセキレイ
2 セグロカモメ 8 エナガ    14 カワラヒワ
3 カワセミ   9 ムクドリ   15 ホオジロ
4 コゲラ    10 シロハラ   16 アオジ
5 ハシボソガラス  11 ジョウビタキ
6ハシブトガラス  12 スズメ
posted by k at 09:21| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13.11.02 縮景園BW初級講座

第7回のBW初級講座は菊花展の最中の縮景園でした。


【日時】2013.11.02 9:10〜11:00
【天候】曇 時々晴れ間 18℃
【場所】広島市中区
【観察者】探鳥会参加者6名
【観察種】
   1 アオサギ    5 ハシブトガラス  9 ジョウビタキ
   2 イソシギ    6 シジュウカラ  10 スズメ
   3 セグロカモメ  7 ヒヨドリ    11 ハクセキレイ
   4 ハシボソガラス 8 エナガ     12 カワラヒワ
posted by k at 09:02| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

13.06.08 縮景園BW初級講座

縮景園で開催された「BW初級講座」に参加してきました。

IMGP2688_M.JPG

前日の下見では全く鳥がおらず、
どうやって講座を成立させようか悩んでいた担当さんは、
縮景園開門前から詰めかけた参加者の状況を見て、嬉しいやら焦るやら。。。。。

IMGP2689_M.JPG

何事も無かったような顔をしながら、開会の挨拶で喋りまくる担当さん。
有ること無い事並べ立ててなんとか講座を始めました。

IMGP2686_M.JPG

IMGP2676_M.JPG

アドリブでいきなり「池」に誘導する担当さん。
遠くのヒヨドリでまず誤魔化し、目の前のスズメで煙に巻き、
ほとんど見えていないアオサギや高速で飛び去るツバメでお茶を濁し。。。。

IMGP2694_M.JPG

それでも、大変熱心な参加者の皆様のご協力と、
探鳥会の神と呼ばれるGutsさんや、縮景園の「主」であるOさんのお助けで、
参加者の暴動を起こすことなく探鳥会は進行し、そして無事終了したのでした。

IMGP2696_M.JPG

皆さん、おとなしく付いてきてくださりありがとうございました。
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
また秋の初級講座でお会いしましょう。

IMGP2701_M.JPG


【日時】平成25年6月8日(土曜日) 9:15〜11:00
【天候】 晴れ  気温29℃
【場所】 広島市中区 縮景園
【観察者】探鳥会参加者 23名
【観察種】
  1 カルガモ  8 トビ      15 コシアカツバメ
  2 キジバト  9 カワセミ    16 ヒヨドリ
  3 カワウ   10 コゲラ     17 ムクドリ
  4 ササゴイ  11 ハシボソガラス 18 スズメ
  5 アオサギ  12 ハシブトガラス 19 ハクセキレイ
  6 タンチョウ 13 シジュウカラ  20 カワラヒワ
  7 ミサゴ   14 ツバメ


IMGP2702_M.JPG

IMGP2682_M.JPG

posted by k at 17:59| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

2013.05.11 広島城探鳥会

世はバードウィイーク。
菓子博会場のすぐそばで開催された広島城探鳥会に参加してきました。
IMGP2651_M.JPG

8:40。
雨が降る集合場所は、観光客の姿も無く静かで寂しい。。。
こりゃあ中止かと思っていたら、マスク姿の若者が私を遠巻きに挙動不審の動き。
オヤジ狩りのお兄さんか?と逃げる準備をしながらドキドキしていたら、
支部若手ホープのユウキ君だった。 お久しぶり! 脅かすんじゃない。

支部長も登場。江田島からのお客さん、車でK岡さん、スコープを抱えてO西さん。
T橋姉さんも、Tさんとお孫さんのSちゃんも。
会員さん、非会員さん合わせて総勢13名で探鳥会の開始。
IMGP2629_M.JPG

反時計回りに広島城址公園を散策。スズメのざわめき。カワラヒワの声。
変なものは全然出ない。であるから、鳥たちの一つ一つの生態に集中できる。
小雨のお陰で観光客の姿もほとんどなくって、都市公園の自然を満喫。

スズメの巣立ち雛への給餌の様子。シジュウカラご夫妻のあやしい動き。
ハシボソガラスとハシブトガラスの鳴き声に聞き入る。

観察会らしい「探鳥会」をじっくり味わうことが出来ました。
参加者の皆様、ありがとうございました。

IMGP2639_M.JPG


【日 時】2013(平成25)年5月11日(土)9:00〜11:00
【観察地】広島城(広島市中区)
【環 境】都市公園
【観察者】探鳥会参加者 13名
【観察種】
  1 キンクロハジロ  6 ハシボソガラス  11 メジロ
  2 カイツブリ    7 ハシブトガラス  12 ツグミ
  3 キジバト     8 シジュウカラ   13 スズメ
  4 ダイサギ     9 ツバメ      14 セグロセキレイ
  5 コゲラ      10 エナガ      15 カワラヒワ

■帰りそびれたキンクロ♀1羽。
■支部の鳥エナガが愛想良く何度も登場。
■のんびり屋のツグミが1羽。
■営巣中と思われるシジュウカラが「早くどいて!」と怒りまくる。
■天候のせいか?ツバメは3羽しか確認できず。
■上空を編隊飛行するダイサギ。小型の個体は識別できず。
■期待していたキビタキは、それらしき声はしたものの確認出来ず。
■支部長の自然解説が参加者を魅了。スズメとシジュウカラの身体の大きさ。
 フィールドの観察だけでは分からない面白い話をたくさん聞かせていただいた。

IMGP2654_M.JPG

IMGP2658_M.JPG


posted by k at 07:00| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

2013.05.04 太田川BW初級講座

アストラムライン西原駅集合の「太田川BW初級講座」に参加してきました。
IMGP2612_M.JPG

ぼんやりした担当さんが1カ月時期を間違えたようで、
ほとんど何も出ない探鳥会となりましたが、
初心者の参加者の皆様には物足りないながらも丁度よい。。。。
そんな観察会になったような気がします。

西原駅を起点に歩き始め、古川沿いに出たところで解説を始めようとすると、
いきなり参加者の方がカワセミを見つけてしまわれて、早々に観察開始で大慌て。

小さなネズミの死体や、ムクドリ、ツバメ、モズ、。。。。
やっぱり案内人不要の初級講座となったのでありました。(涙)

IMGP2622_M.JPG

【日時】平成25年5月4日(土) 8:30〜11:00
【場所】広島市安佐南区西原(古川太田川合流点)
【環境】住宅地、河川
【観察者】探鳥会参加者13名
【観察種】
  1キジ    10コサギ     19ヒヨドリ
  2ヒドリガモ 11ミサゴ     20ウグイス
  3カルガモ  12トビ      21オオヨシキリ
  4カイツブリ 13カワセミ    22ムクドリ
  5キジバト  14モズ      23スズメ
  6カワウ   15ハシボソガラス 24ハクセキレイ
  7ササゴイ  16ヒバリ     25セグロセキレイ
  8アオサギ  17ツバメ     26カワラヒワ
  9ダイサギ  18コシアカツバメ 27ホオジロ

■ササゴイが5羽。らしい飛び姿も見せていただき、夏ですね〜〜。
■オオヨシキリも鳴いていたらしい。
■ダイサギは婚姻色とそうでない色。分かりにくい事すんなよ。
■カワセミは最初の1羽だけ。
■ツグミがいない。冬鳥はヒドリガモ4羽のみ。
■ツバメのカウントに挑戦。結局アバウトに20+。数えて無いじゃん。。。IMGP2627_M.JPG

posted by k at 19:20| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

13.04.20 可愛川BW初級講座

旧吉田町。
可愛川の河原で行われたBW初級講座に参加してきました。
IMG_0044_M.JPG

9:00にコースに到着し下見を少々。
夏鳥は、大量のツバメが飛び交って、イワツバメ・コシアカツバメの姿。
目玉のコチドリが工場敷地で運動会。
冬鳥はツグミとヒドリガモがまだ居残り。
シメシメと独りほくそ笑む。

で、9:46着のバスでお越しのお客様をお出迎え。
1時間半の長旅で少々お疲れの様子ながら、
スタート地点までの案内途中にセグロセキレイの幼鳥3羽が出現すると、
即座に探鳥モードに突入して観察開始。
賑やかな探鳥会になりました。

IMGP2596-T.JPG


【日時】平成25年4月20日(土曜日) 10:00〜12:00
【天候】 曇りのち雨
【場所】 広島県安芸高田市 可愛川
【環境】 河川中流域  河原・集落
【観察者】探鳥会参加者(12名)
1 キジ     13 トビ      25 ムクドリ
2 ヒドリガモ  14 カワセミ    26 ツグミ
3 カルガモ   15 コゲラ     27 イソヒヨドリ
4 カイツブリ  16 モズ      28 スズメ
5 キジバト   17 ハシボソガラス 29 キセキレイ
6 カワウ    18 ハシブトガラス 30 ハクセキレイ
7 アオサギ   19 ツバメ     31 セグロセキレイ
8 ダイサギ   20 コシアカツバメ 32 カワラヒワ
9 イカルチドリ 21 イワツバメ   33 シメ
10 コチドリ   22 ヒヨドリ    34 ホオジロ
11 クサシギ   23 ウグイス    35 アオジ
12 イソシギ   24 エナガ


【メモ】
■初探鳥会のお客様が2名。楽しんでいただけたかどうか。。。。
■ピチッ、ピチッとシメが登場。ゆっくり見れなかったのが残念。
■雨が降り出して焦って帰ろうとしていたら、
 まるで我々を足止めするようにイソヒヨドリ♂が登場。
 ステージを代えながらユックリ観察させてくださる。。orz
 鳥は担当さんの都合を聞いてくれないという教訓その1。
■ツバメが非常に大量に我々の間近を飛び交う。
 その中にコシアカツバメとイワツバメも。
 観察入門にはもってこいのフィールドでした。
■3か所からキジの雄たけび。
 でも、どうしても姿は見えないという教訓その2.
■河原にクサシギ。イカルチドリが飛んできて、イソシギも発見。
 目が多いと色々なものが見つかるという教訓その3。

■雨をよけながら東屋で鳥合わせをしていると、
 傍らの桜の木にエナガが2羽ご挨拶に登場。
 鳥合わせをしていると初登場の鳥が登場するという教訓その4.
■珍しいものは皆無ながら、普通の環境に多彩な野鳥の姿を確認。
 神は足を運ぶものに微笑むという教訓その5。 

で、
最後に、担当がやけくそで連発するオヤヂギャグは、
聞かないふりをして無視されてしまうという教訓ファイナル。
posted by k at 16:29| 広島 ☔| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

13.02.17 郷原BW初級講座


呉市郷原で開催されたBW初級講座に参加してきました。

会報原稿の締め切りを抱える心同様、
フィールドも道路上に薄氷が張るほど冷え込んでいました。

広島市内から、高速3号〜クレアライン〜呉市街〜東広島呉道を走り、
約45分で郷原市民センターに到着。
IMGP2521_s.JPG

今日は和室。座机に座布団。ノートパソコンにプロジェクターが設置。
続々と参加者が終結し、例によってN海さんの基本種解説から講座が開講。
解説の言葉の端々に「試験に出ます」と脅されて受講者は戦々恐々。。。。(笑)

解説を終えてフィールドへ。
会場前の黒瀬川は河床の工事中。さらには本日野焼き大会実施中で少々どんより。。
でも観察開始で気分は高揚してきます。
IMGP2525_s.JPG

カルガモ・ヒドリガモ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・クサシギ・カワセミ
アオジ・コガモ・イカルチドリ・イソシギ・アオサギ・ハイタカ・コサギ。。。。
どんどん出現種を確認しながら和やかに観察会は進行します。

IMGP2528_s.JPG

エナガの可愛い鳴き声が響き、草原にはメジロの大群がうごめいています。
期待されていたヤマセミは残念でしたが、その手前でシメが代役を務めてくれました。

さて帰り道。
11:30帰着を先生から言い渡されていたにも関わらす、一部参加者の足が進みません。
そう「試験」です。合格点を取らないと帰らせえもらえないという情報が蔓延し、
「帰りたくない病」が蔓延してしまったのでした。

「あぁベニマシコ。。。」「可愛いコゲラだよ」「真っ黄色なアオジ君だ」などとほざきながら、
にこやかに。でもうつむきながらぐずぐず歩いています。
IMGP2531_s.JPG

遠くに郷原文化センターが見えてきました。
玄関先にはN海先生が腕時計をチェックしながら仁王立ち。

「あ、スズメだ〜〜〜〜」さらに足は止まるのでした。


集合時間に大幅に遅れて帰着。
上の空で41種の鳥合わせののち、ついに試験の開始です。
「基本的なクイズですよ〜〜〜」のN海先生の声がむなしく会場に響きます。

IMGP2539_s.JPG


ああ、熱血のBW初級講座。
第二回は日の暮れるまで熱い追試験が繰り返されたのでした。


ってことで、
ひろしま自然の会のスタッフの皆様、大変お世話になりました。
郷原でのBW初級講座はこれにて一応完結ということで、
この後広島地区の方で継続開催していく予定です。

大変お世話になりました。
      あっ、集金忘れた! 名簿も。。。


【場所】 呉市郷原 黒瀬川
【年月日】平成25年2月17日(日)
【時間】 9:00〜12:00
【観察者】探鳥会参加者( ? )
【観察種】
  1 キジ     15 トビ      29 シロハラ
  2 ヒドリガモ  16 ハイタカ    30 ツグミ
  3 マガモ    17 カワセミ    31 ジョウビタキ
  4 カルガモ   18 ヤマセミ    32 イソヒヨドリ
  5 コガモ    19 コゲラ     33 スズメ
  6 カイツブリ  20 モズ      34 ハクセキレイ
  7 キジバト   21 ハシボソガラス 35 セグロセキレイ
  8 カワウ    22 ハシブトガラス 36 カワラヒワ
  9 アオサギ   23 シジュウカラ  37 ベニマシコ
  10 コサギ    24 ヒヨドリ    38 シメ
  11 イカルチドリ 25 ウグイス     39 ホオジロ
  12 クサシギ   26 エナガ    40 アオジ
  13 イソシギ   27 メジロ     41 オオジュリン
  14 ミサゴ     28 ムクドリ


続きを読む
posted by k at 20:48| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

13.02.03 本庄水源地探鳥会

広島県呉市の山の中の水源地、本庄水源地の探鳥会に参加してきました。

下の何枚かの写真を観ていただくだけでもわかると思うのですが、
非常〜〜〜〜に楽しい探鳥会でした。ご参加の皆様、ありがとうございました。

今年の参加者は25名。
開会時に挙手をお願いして伺ったところ、
広島市2割、地元呉市4割、お隣の熊野町4割といった具合で、
地元で地道に野鳥を楽しんでおられる方々が多く参加してくださり、
和気あいあいと、でもとってもまじめで熱心な探鳥会になりました。

IMGP2506_s.JPG

もうやめようと思っていた探鳥会。でも担当者冥利に尽きる充実の探鳥会が出来ました。
今年に味をしめて、また来年もやりろうと思います。

IMGP2496_s.JPG

で、鳥ですが。
予想通り、カモは全く見れませんでした。
いや、正確に言うと、水面に浮かんでいるカモはほとんど見れませんでした。
飛びまくり逃げ回るカモたち。心の中でごめんなさいと言いながらの観察。
じっくり見れたのは、オシドリ少数。ヨシガモ♂1羽。雌雄のわからないミコアイサ。
カワアイサ♀も少し見れたかな?  って程度。

IMGP2497_s.JPG

山の小鳥も愛想無しで、ルリビもキクイタも登場せず。
モズ・シロハラ・セグロセキレイ・ムクドリ・スズメ・ハシブトガラスも記録無し。
ひどい話です。。。。

でも、光を浴びてポーズをとり続けてくれたたダイサギ。
ジュリジュリさえずりなながら親しく近寄ってくれたエナガ達の群れ。
スコープの画面の範囲でソアリングしてくれたノスリ。
道案内のホオジロ。何故か日蔭の身のカワラヒワ。
婚姻色も見せてくれたカワウの群れ。青い土管の上でたそがれていたカワセミ♂。
シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・ヒガラ。。。。。。。

皆さんとともに息をのむような美しい瞬間を数多く経験できました。

IMGP2508_s.JPG

珍しい鳥なんて出なくてもいい。鳥と鳥見の人たちとの一体感。
一緒に生かされていることを実感できる探鳥会。
地元に生きる人たちが集り触れ合うことのこころの安らぎ。
素晴らしい時間でした。

IMGP2512_s.JPG


【場 所】 本庄水源地(呉市)
【年月日】 2013年02月03日(日)
【時 刻】 9:00 − 12:00
【天 候】 快晴(!)
【観察者】 探鳥会参加者(25名)
【観察種】
1.カイツブリ 13.キンクロハジロ 25.ヒヨドリ
2.カワウ 14.ミコアイサ 26.ジョウビタキ
3.アマサギ 15.カワアイサ 27.ツグミ
4.ダイサギ 16.トビ 28.ウグイス
5.オシドリ 17.ノスリ 29.エナガ
6.マガモ 18.キジ 30.ヒガラ
7.カルガモ 19.オオバン 31.ヤマガラ
8.コガモ 20.キジバト 32.シジュウカラ
9.ヨシガモ 21.カワセミ 33.メジロ
10.ヒドリガモ 22.コゲラ 34.ホオジロ
11.ハシビロガモ 23.キセキレイ 35.カワラヒワ
12.ホシハジロ 24.ハクセキレイ 36.ハシボソガラス


■物凄くよい天気。自転車の見回りおじさんに驚いて、予想通りカモ飛びまくり。
■ヒガラ(!)10年ぶりぐらいの記録。でも私だけしか見ていない。でも間違いない。
■カワセミ…巡光でバッチリ。皆さん大喜び。
■ハシブトガラス・ムクドリ・スズメの記録が途絶える。。。。
posted by k at 14:12| 広島 ☁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

13.01.20 黒瀬川BW初級講座

新企画のBW初級講座に参加してきました。
県支部の大先輩方が主宰しておられる「広島自然の会」さんとの共催。
っていうか、ほとんど自然の会さんにおんぶにだっこ。。。。
素晴らしい講座運営に大いに刺激を受けながら、
黒瀬川の素晴らしい自然を堪能してきました。

【場 所】 黒瀬川(呉市郷原)
【年月日】 2013年01月20日(日)
【時 刻】 9:00−12:00
【天 候】 晴れ・無風
【観察者】 初級講座参加者(21名)
【環 境】 河川中流域
【観察種】
1.カイツブリ 13.イカルチドリ 25.エナガ
2.カワウ 14.イソシギ 26.シジュウカラ
3.コサギ 15.キジバト 27.メジロ
4.アオサギ 16.ヤマセミ 28.ホオジロ
5.マガモ 17.カワセミ 29.カシラダカ
6.カルガモ 18.ハクセキレイ 30.アオジ
7.コガモ 19.セグロセキレイ 31.オオジュリン
8.ヒドリガモ 20.モズ 32.カワラヒワ
9.キンクロハジロ 21.ジョウビタキ 33.スズメ
10.ミサゴ 22.シロハラ 34.ムクドリ
11.トビ 23.ツグミ 35.ハシボソガラス
12.ノスリ 24.ウグイス 36.ハシブトガラス


IMGP2468_s.JPG
まずは座学。
大型のテレビ画面とPCを駆使し、この地域で観察できるであろう野鳥を勉強。
鳴き声までしっかり教えていただいて、さぁフィールドへ。

IMGP2473_s.JPG
快晴無風のフィールドには野鳥がいっぱい。
公民館の前にはマガモのようなアヒルとヒドリガモ。
セグロセキレイとハクセキレイの見比べ。いきなり盛り上がって行きました。

IMGP2476_s.JPG
野鳥に包まれながら下流に向かいます。気持良い〜〜〜〜〜。笑
カワセミもバッチリ。川岸にはエナガの大軍、シジュウカラ、アオジ、スズメ。。。

IMGP2487_s.JPG
ドンツキまで行ったら、主催者の皆さんの計算通りのヤ□□□。

IMGP2490_s.JPG
一級河川に広〜〜い河原。田んぼに畑の懐かしい田舎の風景。

公民館に帰着して、またも画像を使った鳥合わせ。
さらに観察種の確認の後には、復習を兼ねた20問の野鳥クイズ。
ほぼ完成形のインタープリテーションのプログラムでした。

ただ単に歩きまわっている野鳥の会の探鳥会も、
もう少し何か考えた方がよさそうですね。。。。。。

posted by k at 13:32| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

13.01.19 県下一斉ガンカモ調査 本庄水源地

呉市本庄水源地のガンカモ調査(探鳥会下見を兼ねる)に行ってきました。
協力者の皆様、ありがとうございました。

【場 所】 呉市焼山 本庄水源地
【年月日】 2013年01月19日(土)
【時 刻】 0900−1030
【天 候】 晴れ
【観察者】 鳴海・上岡・西村・光本
【環 境】 湖沼
【観察種】
1.カイツブリ (20) 11.キンクロハジロ (4,12) 21.ヒヨドリ
2.カワウ (21) 12.ミコアイサ (3,1) 22.ルリビタキ
3.アオサギ      13.カワアイサ (0,2) 23.ジョウビタキ
4.オシドリ (12,7) 14.ミサゴ   24.シロハラ
5.マガモ (32,32) 15.トビ    25.ツグミ
6.カルガモ (1,1) 16.ノスリ    26.ヤマガラ
7.コガモ  (5,4) 17.オオバン (19)   27.メジロ
8.ヒドリガモ (3,3) 18.キジバト   28.ホオジロ
9.ハシビロガモ(4,5) 19.カワセミ   29.アオジ
10.ホシハジロ (3,2) 20.ビンズイ   30.ハシボソガラス


MEMO
・水位はほぼ満水(例年は渇水期)
・水面のカモ類・カワウは非常に落ち着きが無く、飛び回る状態。
・ここ二年姿を観れなかったオシドリの姿。
・カワアイサ、ミコアイサも定着か?
・それにしてもカモの姿が少なすぎる。
 不審者見回りの自転車が一番の原因と思われる。
 今回はさらに「軽トラ」の動きもかなりの不審者ぶり。
・小鳥類も姿が少ない。探鳥会に何を観察すればいいのかよくわからない。

IMGP2446_s.JPG
ほとんどなにも居ない本庄水源地

IMGP2463_s.JPG
本気で1羽も居ない呉地ダム


posted by k at 15:29| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

13.01.14 八幡川探鳥会

八幡川探鳥会に参加してきました。

今回は財団本部の理事・主任研究員である安西英明さんを迎え、
マスコミにも大々的に情報提供しての探鳥会でしたが、
あいにく朝から雨が降ったせいか、
会員の参加者も少なく、一般の方たちも非常に少数。。。
少々「ため息」の出るものでした。

でも、Y原さんやK土井さんにもお会いできたし、
JIIさんと久々にフィールドを同行させていただいて、
個人的にはとても楽しい探鳥会になりました。


【場 所】 八幡川河口部(広島市佐伯区)
【年月日】 2013年01月14日(月)
【時 刻】 9:30〜12:30
【天 候】 小雨〜曇り〜晴れ 
【観察者】 探鳥会参加者(会員=35名 一般=10名 ??)
【環 境】 河口、人工干潟、埋立地(草原・葦原・池)
【観察種】
1.カイツブリ 15.キンクロハジロ (4) 29.ヒバリ
2.ハジロカイツブリ 16.スズガモ (45) 30.ハクセキレイ
3.カンムリカイツブリ 17.ホオジロガモ (2) 31.セグロセキレイ
4.カワウ (8) 18.ウミアイサ (3) 32.タヒバリ
5.コサギ 19.ミサゴ 33.ヒヨドリ
6.アオサギ 20.トビ 34.ジョウビタキ
7.マガモ (92) 21.ノスリ 35.イソヒヨドリ
8.カルガモ (6) 22.ハヤブサ 36.ツグミ
9.コガモ (55) 23.オオバン (10) 37.ホオジロ
10.オカヨシガモ (184) 24.イソシギ 38.スズメ
11.ヒドリガモ (335) 25.ユリカモメ 39.ムクドリ
12.オナガガモ (68) 26.セグロカモメ 40.ハシボソガラス
13.ハシビロガモ (14) 27.カモメ 41.ハシブトガラス
14.ホシハジロ (2) 28.キジバト


IMGP2377 001_s.jpg
小雨の残る中、安西主任登場!連日のパワフルなご案内に深く感謝です。
(東京、帰れましたか?)

IMGP2384_s.JPG
年中さんのジュニアバードウオッチャーも聞き入っています。
だって落語家みたいなオジサンなんだもん。。。。。笑

IMGP2387_s.JPG
八幡川の主も気合いをいれてのご案内。
さすが八幡川探鳥会。雨は上がってどんどん明るくなってきました。

IMGP2390_s.JPG
お元気そうでなによりです。
何年ぶりにお会いできたんでしょうか。お互い健康に気をつけましょうね!

IMGP2392_s.JPG
ズイズイと埋め立て地内に。

IMGP2400_s.JPG
振り返ると、遠くのお山は雪が積もっています。

IMGP2406_s.JPG
安西さんの周りは笑顔が絶えません。足も全然進みません。

IMGP2415_s.JPG
「潮入」の工事中。
支部長のご提案で、野鳥公園(多分)の池は、干満に合わせて潮水が入る予定です。

IMGP2426_s.JPG
人工干潟の先端基部で「鳥合わせ」が始まりました。

IMGP2428_s.JPG
そして。。。。

IMGP2438_s.JPG

この青空。。。

安西さん、二日間にわたる熱心なご案内、心より感謝します。
ご参加の皆様、お疲れさまでした。
今年も野鳥の会探鳥会をよろしくお願いします。




posted by k at 14:41| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

13.01.13 25年度総会

広島県支部の25年度総会が開催されました。

IMG_5212 001_s.jpg

本日の講師は「安西英明氏」。

総会後の講演会・フィールドワーク、懇親会・2次会と
楽しい時間を過ごすことができました。

皆さんのご協力に深く感謝し、下の何枚かの写真で謝意を表します。

IMG_0007_T.JPG
定刻。福本支部長のご挨拶で平成25年度総会が始まりました。
参加者は51名。

IMG_0013_T.JPG
会計監査さんの厳しくも愛情に満ちたご報告により、
満場の拍手で平成24年度の事業報告・決算報告が無事承認されました。

IMG_0014_T.JPG
議案終了後の質疑応答に笑顔で応える議長さんと書記さん。

IMG_0016_T.JPG
会場風景。来年はもっと大きな会場を用意しましょうね。

IMG_0020_T.JPG
そしてお待ちかね。安西英明さんの講演が始まりました。

最初は少々堅めのお話が少し。
その後は爆笑に次ぐ爆笑の鳥ネタ漫談。(失礼) m(__)m
40分ほどお話を聞いてみんなで外に。
IMG_0038_T.JPG
IMG_0042_T.JPG
三篠小学校を右手に見ながら三篠神社の境内に入り、
「ハッパ」や「木の実」をもとにしての様々な自然解説に全員で聴き惚れたのでした。

16:00、会場に戻って懇親会の開始。
ジュースとお菓子と、皆さんが持ち寄ってくださった「美味しいもの」で会話が弾みました。
IMG_5230_T.JPG

17:00からは恒例のオークション。
落札第一号は安西主任。カナダ土産の「シロフクロウ」Tシャツをお買い上げ。
すべての「ブツ」は皆さんのご厚志。売り上げ2万数千円が支部に寄付されました。
仕切っていただいたI橋さん、ありがとうございました。

18:00、全員でお片付けを行って総会が無事終了しました。
鳥見のフィールドと同様、笑顔のあふれる時間でした。
皆さん、ありがとうございました。

そして、19:00からは大人の時間。
紙屋町に場所を移し、24名の参加で二次会の大宴会!
アルコールの入ったコミュニケーションも楽しいものです。笑
IMG_5273_T.JPG

IMGP2364_T.JPG


で、例によって写真を撮ろうと思ったら充電切れ。
大切なカメラをお貸しいただいたgutsさんにSpecial Thanks! (大汗)
posted by k at 22:44| 広島 ☁| Comment(3) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

112.12.15 縮景園 JAF自然観察会

JAF主催 野鳥観察会in縮景園〜ゆっくりのんびり庭園の野鳥散歩

縮景園の野鳥散歩に参加してきました。

昨日夕刻より降り始めた雨で少々気をもみましたが、夜が明けてみれば
曇天ながら暖かく過ごしやすい朝。ワクワクしながら縮景園に。

続々と参加者の方々が正門前に集まってこられます。
野鳥の会の仲間が5名も駆けつけてくださいました。

250円(いつ値上げしたんだ…)払って入園すると、
沢山の野鳥の声が私たちを迎えてくれました。
IMG_0001_M.JPG

開始の挨拶。記念写真。
「ゆっくりのんびり、野鳥散歩だ!」と自分に言い聞かせながら案内開始です。
IMG_0005_M.JPG

結果、事前想定の観察はコンプリ。眼が増えた分の想定外観察も続々。。。。。
とっても楽しんでもらえたような気がしています。(自己満足)

ご協力いただいた会員の皆様に深く深く感謝。
IMG_0006_M.JPG

IMG_0007_M.JPG

【場 所】縮景園(広島市中区)
【年月日】 2012年12月15日(土)
【時 刻】 9:00〜11:00
【天 候】 曇天(12℃)
【観察者】 参加者13名・主催者2名・会員7名
【環 境】
【観察種】
1.カイツブリ 11.セグロカモメ 21.ツグミ
2.カワウ 12.キジバト 22.ウグイス
3.ゴイサギ 13.カワセミ 23.キクイタダキ
4.コサギ 14.コゲラ 24.ヤマガラ
5.アオサギ 15.ハクセキレイ 25.メジロ
6.マガモ 16.ヒヨドリ 26.シメ
7.カルガモ 17.ルリビタキ 27.スズメ
8.ヒドリガモ 18.ジョウビタキ 28.ハシボソガラス
9.ミサゴ 19.イソヒヨドリ 29.ハシブトガラス
10.イソシギ 20.シロハラ

■今日は「池」の周囲が大充実。
 皮切りはコサギ。カワセミさん大がサービス。潜らないカイツブリ。
 にらみつけてくる人相の悪いゴイサギ(幼)
■小鳥も充実。ヤマガラ・ツグミ・ジョウビタキ。密かにルリビタキ。
 退場前には松の梢でキクイタダキがサーカスを披露。
■京橋川もそれなりに。
 対岸のカルガモ。そのすぐ上にはイソヒヨドリの♂。
■県支部美女軍団が大活躍。Gutsさんも断食・下剤服用中の名解説。
 K岡さんにも優しくバックアップしていただきました。
■今日一番驚いた「観察」は。。。。。
 JAF側の参加者の中に、どこかで見たような気がする単独参加のお爺さん。
 担当無視して一人でふらふら歩くんで「要注意参加者!」ってマークしていたら、
 なんだかやたら野鳥に詳しい。
 「誰だ?あんたは…」って聞くに聞けない。
 でも絶対どこかで見たことある。
 ボケ始めた記憶をひも解く。
 開始30分でやっと思い出した。ナント!「松永湾のバイクのおじいさん」
 県支部大重鎮の「津田さん」じゃないか。 (実名暴露)
 
 新米担当者は真っ青になって焦ってご挨拶。
 黙って初心者に混じっての「参加」なんて、そんなん反則じゃ…。。。(大汗) 
posted by k at 21:39| 広島 ☔| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。