2011年06月12日

11.06.12 芸北初心者探鳥会

芸北で開催された初心者探鳥会に参加してきました。

私は今日だけ初心者でしたが、
心新たに夏の高山の朝をしっかり楽しむことができました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。m(__)m

出発は予定を変更して、6:00広島駅。
7:30にはフィールドに到着して素晴らしいコーラスの観賞開始。
雨はまだ降っていません。

IMGP1258-T.JPG

IMGP1260-T.JPG

コルリ・キビタキ・クロツグミ。。。。
初心者なので何が鳴いているのかも良くわかりませんが、
とにかく美しいさえずりに放心状態で身を任せます。

そのうち姿もちらりほらり。
ベレー帽のコガラ。高速の節回しのヒガラ。低い場所にはシジュウカラご夫妻。

でも残念ながら双眼鏡に入れるのも苦悩する初心者ですので、
まぁ多くは望みません。
どうやったら双眼鏡の視野に入れることができるのか。。。。。
そんな教えあいもまた楽し。

IMGP1265_M.JPG

登りの道で十分楽しみ、
あまり行きたくなかった雪霊水まで上り詰めます。

おぉ・・・・・・

IMGP1263-T.JPG



ってことで、涙雨も降り始め、
アオバト・ミソサザイ・アカショウビンのさえずりに送られて、
そそくさと下山。まだ10:00.

IMGP1268-T.JPG

本降りの雨の中、カッコウ・ホオジロ・サンコウチョウ。

高原の自然館でお勉強した後、産直でお買いもの、
観光バス用のお弁当作成で大忙しの刈尾茶屋でうどんを食って、
一応帰路に就くことになりました。


■自然館で懐かしいお方に再会。
M島に行ったときに大変お世話になった萩市のM谷さん。
10年ぶりぐらいの再会??? 大恩ある方のお顔は忘れないものです。


IMGP1279-T.JPG


ってことで、帰り道のブッポウソウに振られ、
銀杏羽の残ったオシドリ♂2羽や、飛び去るヤマセミを見送りながら、
14:30、広島駅まで無事帰着することができました。


参加者の皆様、大変お世話になりました。
不十分なご案内でごめんなさい。また探鳥会でお会いしましょう。


【県 名】 広島県
【場 所】 芸北・戸河内 (北広島町)
【年月日】 2011年06月12日(日)
【時 刻】 08:00−13:00
【天 候】 曇りのち雨
【観察者】 探鳥会参加者(5名)
【環 境】 高山
【観察種】

1.オシドリ [V] (2,0) 11.ツバメ [V] 21.オオルリ [S]
2.キジバト [V]  12.イワツバメ [V] 22.サンコウチョウ [S]
3.アオバト [S] 13.キセキレイ [VC] 23.コガラ [VS]
4.カッコウ [VS] 14.ヒヨドリ [V] 24.ヒガラ [VS]
5.ヤマセミ [V] 15.ミソサザイ [S] 25.シジュウカラ [VS]
6.アカショウビン [S] 16.コルリ [S] 26.ホオジロ [VS]
7.アオゲラ [S] 17.クロツグミ [S] 27.カワラヒワ [V]
8.アカゲラ [S] 18.ヤブサメ [S] 28.イカル [S]
9.コゲラ [S] 19.ウグイス [S] 29.カケス [V]
10.ヒバリ [V] 20.キビタキ [S] 30.ハシボソガラス [V]

※観察種の記号 V:視認 S:さえずり C:地鳴き
 ※種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
.

posted by k at 23:22| 広島 ☔| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

11.05.15 八幡川清掃探鳥会

八幡川河口人工干潟でのお掃除探鳥会に参加してきました。


駐車場が気になっていたので、早めに行って一足先に河口干潟で鳥探し。
キアシシギ・チュウシャクシギ・コチドリ、久しぶりのオバシギ2羽。
干潟の風景も清々しく、絶好の干潟清掃&探鳥日和です。

IMGP1161-T.JPG


公園東端にある橋の下の日蔭のところに集結し、
開会あいさつののちみんなで干潟へ移動。

5グループに分かれて干潟周辺のゴミ集め。
まじめに、でも笑顔を絶やさず。せっせと、でものんびりと。

清掃活動のすぐそばでは、
可愛い声で鳴きながら飛び交い、水面にダイブを繰り返す沢山のコアジサシ。
干潟の浅瀬に立ち尽くし餌を狙うアオサギとコサギ。
ホバリングしながら飛び込みのチャンスをうかがうミサゴが2羽。


自然を感じながら自然に貢献する、
素晴らしい時間を過ごすことができました。

いつもいつも野鳥観察でお世話になっている八幡川河口。
我々と野鳥たちにとって素晴らしい環境であり続けることを、
ただ祈るばかりでなく、それに貢献する少々の活動ができたことを嬉しく思っています。



主催者発表の参加者数は83名。

担当さんのご努力の成果か、
子供連れの地元の方々が予想以上に大勢参加してくださいました。
本当にありがとうございました。

広島県港湾局の方々や、
埋め立て工事に携わる協力企業の方々も大勢参加してくださり、
非常にきびきびした動きで清掃活動をサポートしてくださいました。
感謝の言葉もありません。


次の機会がありましたら、ぜひまた八幡川でお会いしましょう!


カメラを忘れたんで写真なし。m(__)m
詳しくは明日の朝の中国新聞をお楽しみに。
(すでにNHKローカルのニュースで様子が流れたらしいです)





posted by k at 23:58| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

11.05.08 太田川探鳥会

広島市中区北白島町で開催された、太田川探鳥会に参加してきました。

IMGP1254_M.JPG

ほとんど訪れた事の無い場所を下見もせずに担当するなんて、
神への冒涜以外何物でもありません。
河原に一人たたずむコチドリや、シジュウカラの巣立ち雛。
婚姻色に彩られたコサギさん達が出迎えてくれたものの、
最後の最後までなんだか気乗りしない探鳥会でした。

多分参加者の皆様もきっとちっとも楽しくなかったことでしょう。
非常に申し訳なく思います。お許しください。

IMGP1238_M.JPG

でも、これで私の「代行稼業」が終了しました。

これからは私の身の丈に合った場所で、
私のやりたいように探鳥会を開催したいと思っています。

IMGP1247_M.JPG

本日の観察種は以下です。

【県 名】 広島県
【場 所】 広島市中区北白島町〜東区へ100歩
【年月日】 2011年05月08日(日)
【時 刻】 08:00−10:00
【天 候】 晴れ 気温26℃
【観察者】 探鳥会参加者 7名
【環 境】 都市部公園 河川中州
【観察種】
     1.カイツブリ  9.ツバメ      17.スズメ
     2.カワウ    10.コシアカツバメ  18.ムクドリ 
     3.ダイサギ   11.コゲラ      19.ハシボソガラス
     4.コサギ    12・ハクセキレイ  20.ハシブトガラス
     5.アオサギ   13.セグロセキレイ
     6.トビ     14.ヒヨドリ
     7.コチドリ   15.シジュウカラ
     8.イソシギ   16.カワラヒワ

【備 考】・何か忘れているような気もするが・・・・・
posted by k at 13:15| 広島 🌁| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

11.05.03 南岩国初心者探鳥会

南岩国の蓮田で開催された初心者探鳥会に参加してきました。

初夏の気配満載ながら物凄い黄砂で空は薄くかすみ、
柔らかな光に包まれながらの探鳥になりました。
担当の企画力不足で行程は結構ハードなものになりましたが、
初めて鳥見に訪れた方々を蓮田は優しく迎えてくれたようです。


朝の集合は、7:30JR広島駅改札前。

当然時間の20分前に集合場所に現れた担当さんでしたが、
ここに参加者の姿は無し。。。。
無謀な企画の無残な始まりを予感させます。

IMGP1205-T.JPG


それでも横川駅のホームにGuts氏の姿を見つけて胸をなでおろし、
ボランティアのOさんも車内で合流いただき、
五日市駅で乗り込まれた参加者Tさんご夫妻も確認し、
穏やかな気持ちを取り戻して南岩国駅に到着しました。


駅前のロータリーで開会のあいさつ。
初心者さんが8名。ボランティアさんが6名。素晴らしく贅沢な構成です。

IMG_0261-T.jpg

ドキドキされているであろう参加者の皆さんのお気持ちをほぐしながら、
徒歩で蓮田に向かい、蓮田を眺めながらさらにレクチャー。

いつもの探鳥会とは全然違う雰囲気。

IMGP1209-T.JPG

まずは「基本種」の説明からゆっくりと…。

なんて構えていたら、いきなり出るのは「オジロトウネン」。
適当にスルーしながら、チュウサギ・ダイサギ、ツバメの背中の色合いなんて話題を振っていきます。

IMGP1216-T.JPG

「基本・基本・・・」と心の中でお題目を唱える担当さんを哀れんでか、
ハシボソガラスがザリガニお食事ショーを披露してくれたり、
キジバトがのんびり「おなか」の側だけ観察させてくれたり、
コチドリがピオ・ピピピ・・・・と飛びまわってくれたり、
オオヨシキリが狭い狭い葦原(?)で赤い口を開けて鳴いてくれたり。。。。。

視界の広い蓮田は野鳥の話題に事欠きません。

時間はみるみる過ぎ去って、
そろそろトイレにご案内したいなぁ。。なんて思っていたら、
前任担当さん親子が登場されて、サルハマシギ夏羽のご案内。

ユックリ観察?、しっかりレクチャー????
パスしてトイレに。。。。。 大汗

IMGP1218-T.JPG

市場でトイレを借りた後に門前川の河口に移動。
食事と大休憩を宣言して、広々とした景色の中で楽しい昼食。

ちょうど食事の終わるころに、干潟出現の瞬間の感動シーンを皆さんと体験。

IMGP1223-T.JPG

この段階ですでに13:00。
広島に15:00帰着予定なんて全然無理なことが判明。

焦って早々に午後の行程に入るものの、
ヒバリさんが足元の草むらでサービスしてくれたり、
新手のオグロシギ・ソリハシシギ・イソシギ・クサシギが待っていてくれたり、
タシギさんがジェェイ!って飛び交ってくれたり、
亜麻色の髪をしたアマサギさんがたたずんでいたり、
コロニーの遺跡に成・☆一羽ずつの五位鷺さんが残っていたりで、
全然前に進めないのでした。

IMGP1228-T.JPG

初めて野鳥観察会に参加された方々は、強行軍の一日にさぞや驚かれたことでしょう。
もっとのんびり出来るときっと想像しておられたでしょうに。。。、ごめんなさい。

ボランティアスタッフの皆様には感謝・感謝。
随分良い鳥が出てきて、本来ならもっとゆっくり観察されたかったでしょうに、
終始笑顔を絶やさず、それぞれ個性を出しての素敵な案内人振りでした。
担当者としては感謝の言葉もありません。

IMGP1229-T.JPG
誰ですか? 道いっぱいに広がって観察しているのは!(笑)

IMG_0262-T.jpg

そんなこんなで駅近くまでたどり着いて、最後の鳥合わせと今日の振り返り。
皆さん、担当の無謀な初企画にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

私としては精いっぱいのご案内でした。
素晴らしい環境と参加者とスタッフに恵まれ、
過去最高に楽しい探鳥会を過ごさせていただきました。

皆様に感謝申し上げ、速報とさせていただきます。

IMGP1237-T.JPG


で、
「初心者」探鳥会での確認種が、内容の濃い薄いはあるもののなんと46種。
しかもそのうちシギチが15種。これってどうだったの???
やはり「企画倒れ」と言うべきなのでしょう。。。。

参加者・スタッフの皆さんのご感想をうかがえれば幸いです。


【県 名】 山口県
【場 所】 南岩国初心者探鳥会 (岩国市尾津)
【年月日】 2011年05月03日(火・祝)
【時 刻】 09:00−15:00
【天 候】 晴れ(ものすごい黄砂)
【観察者】 探鳥会参加者(初心者8名・補助者6名)
【環 境】 蓮田・河口干潟
【観察種】

1.カワウ 17.ウズラシギ 33.ツバメ
2.ゴイサギ 18.ハマシギ 34.コシアカツバメ
3.アマサギ 19.サルハマシギ 35.ハクセキレイ
4.ダイサギ 20.クサシギ 36.セグロセキレイ
5.チュウサギ 21.タカブシギ 37.ヒヨドリ
6.コサギ 22.キアシシギ 38.ツグミ
7.アオサギ 23.イソシギ 39.ウグイス
8.カルガモ 24.ソリハシシギ 40.オオヨシキリ
9.コガモ 25.オグロシギ 41.アオジ
10.トビ 26.オオソリハシシギ 42.カワラヒワ
11.バン 27.チュウシャクシギ 43.スズメ
12.オオバン 28.タシギ 44.ムクドリ
13.コチドリ 29.セグロカモメ 45.ハシボソガラス
14.シロチドリ 30.キジバト 46.ハシブトガラス
15.ムナグロ 31.コゲラ
16.オジロトウネン 32.ヒバリ

posted by k at 15:13| 広島 ☁| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

11.04.29 八幡川探鳥会

昭和の日に開催された八幡川探鳥会に参加してきました。

開始時間が急きょ変更されたため、
早めにこられた方々にはご迷惑をおかけしました。m(__)m

開始前から頭上を渡りのヒヨドリの群れが飛び、
この季節の高揚感が漂います。

IMGP1106-T.JPG

担当さんの丁寧な開始前の挨拶の後、
まずは河口にあらわれた小さな干潟から観察開始。
マガモ・ヒドリガモ・ヨシガモ・チュウシャクシギ。。。。
IMGP1112-T.JPG

IMGP1114-T.JPG

人工干潟・埋立地のコースにに入ると、
ヒバリの声をバックに、まずは陽炎に揺らぐムナグロ3羽。
コチドリ・シロチドリ。

沖合のヒドリガモ・スズガモの群れを観察していると、
ハマシギの小群の空中ダンスとコアジサシのホバリング。

現れた干潟には、メダイチドリと夏羽の美しいトウネン、ウズラシギ。
コガモの群れに、ハシビロガモ。

IMGP1118-T.JPG

IMGP1138-T.JPG

南辺まで行くと、
姿を見せないオオヨシキリの叫び声の元、
やせ細った内水面にコガモ・カイツブリ・バン・オオバン。
埋め立て中の荒れ地にはアオアシシギの姿も。
IMGP1126-T.JPG

IMGP1156-T.JPG

さすが渡りの季節!を実感する八幡川の充実ぶりでした。
明後日も行かねば・・・・。


【場 所】 八幡川 (広島市佐伯区)
【年月日】 2011年04月29日(金)
【時 刻】 09:30−12:00
【天 候】 快晴
【観察者】 探鳥会参加者 30名?
【環 境】 河口
【観察種】

1.カイツブリ (4) 18.オオバン (11) 35.キジバト (1)
2.カワウ (20) 19.コチドリ (3) 36.ヒバリ (10)
3.コサギ (2) 20.シロチドリ (2) 37.ツバメ (10)
4.アオサギ (12) 21.メダイチドリ (3) 38.ハクセキレイ (4)
5.マガモ (2) 22.ムナグロ (3) 39.セグロセキレイ(2)
6.カルガモ (4) 23.トウネン (2) 40.タヒバリ (3)
7.コガモ (102) 24.ウズラシギ (1) 41.ヒヨドリ (40)
8.ヨシガモ (3) 25.ハマシギ (107) 42.ツグミ (4)
9.オカヨシガモ (6) 26.アオアシシギ (5) 43.オオヨシキリ (2)
10.ヒドリガモ (95) 27.キアシシギ (2) 44.セッカ (1)
11.オナガガモ (4) 28.イソシギ (1) 45.カワラヒワ (1)
12.ハシビロガモ (4) 29.ソリハシシギ (1) 46.スズメ (20)
13.キンクロハジロ(7) 30.チュウシャクシギ(18) 47.ムクドリ (4)
14.スズガモ (46) 31.セグロカモメ (2) 48.ハシボソガラス(4)
15.ミサゴ (2) 32.カモメ (10) 49.ハシブトガラス(2)
16.トビ (4) 33.ウミネコ (5)
17.バン (2) 34.コアジサシ (4)



終了後



IMGP1196-T.JPG 

続きを読む
posted by k at 20:40| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

11.04.24 牛田探鳥会

広島市牛田のお山で開催された探鳥会に参加してきました。

朝7:00集合。
牛田公民館から裏のお山に皆さんと登っていきます。

IMGP1060-T.JPG

IMGP1064-T.JPG

あまり鳥影は濃くありませんが、ほどなくキビタキの鳴き声。
今季初のキビタキの声は、美しいながらなんだか遠い。。。。
当然姿も全く見えず。個人的には盛り上がらない。

IMGP1066-T.JPG

IMGP1093-T.JPG


浄水場の芝生の上にも鳥の姿は無く、
梢で小鳥がうごめくも、逆光を見上げるばかりで、
何が何なんだか全然わからない。。。


照葉樹林の急な上り坂で「コサメビタキ!」との声。
「グジュ・グジュ」と呟いていたけど、私の頭には何にも残っていない。

「サンショウクイ!」って言われても、振り向いたときにはもういないし、
「□□□□が昨日いたんですよ」って遺跡巡りにもあまり心が動かない。


急な登りで腰がパンパン。急な下りで膝が笑う。。。


う〜〜〜〜ん、疲れた。

IMGP1072-T.JPG

IMGP1086-T.JPG

終了するや否や、
担当さんは挨拶もそこそこ、ダッシュで某河口に走って行かれた。
元気だ。お若いとはいえ気力が違う。
腰をさすりながら出てきた言葉は「とほほ」の3文字。

皆様、お疲れさまでした。


【場 所】 牛田公園 (広島市東区)
【年月日】 2011年04月24日(日)
【時 刻】 07:00−09:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者12名
【環 境】 低山
【観察種】
1.カワウ 12.ヒヨドリ 23.ホオジロ
2.ダイサギ 13.アカハラ 24.アオジ
3.トビ 14.シロハラ 25.カワラヒワ
4.ハイタカ 15.ツグミ 26.マヒワ
5.セグロカモメ 16.ウグイス 27.シメ
6.キジバト 17.キビタキ 28.スズメ
7.コゲラ 18.コサメビタキ 29.ムクドリ
8.ツバメ 19.エナガ 30.ハシボソガラス
9.コシアカツバメ 20.ヤマガラ 31.ハシブトガラス
10.セグロセキレイ 21.シジュウカラ
11.サンショウクイ 22.メジロ

posted by k at 13:15| 広島 ☀| Comment(2) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11.04.23 可愛川野鳥観察講座

中国新聞文化センター・メルパルク教室、
野鳥観察講座の可愛川野外観察会に参加してきました。

7:00、広島市内を出る時にはザンザン降り。
8:00、吉田に到着後もパラパラ降り。
9:00、参加者の皆様が到着してもシトシト降り。

でも、
9:15、スタート地点で身支度を整えた瞬間に雨が上がり、
コチドリを観察しながらの楽しい観察会開始になりました。


□コチドリの輝くアイリング。
□飛び交うツバメとイワツバメ。
□朗らかに叫び続ける梢のホオジロ。
□川岸に静かにたたずむ婚姻色のアオサギ。
□ハシボソガラスを追い回すセグロセキレイとハクセキレイ。
□少しだけお邪魔させていただいた巣作り中のエナガご夫婦。
□一瞬さえずり姿を消してしまったイソヒヨドリ。
□川面のマガモ・ヒドリガモ・カルガモ・カイツブリ。
□キリコロ、ビィィィ〜〜ンの大小カワラヒワ。
□コースの最後に10組のアオサギ・コロニー。

初心者の皆さんには、雨やら風やらで少々つらい観察でしたが、
春の可愛川で活発に活動する野鳥たちの姿を、
十分楽しんでいただけたのではないかと思います。

大活躍のT・Jさん、ありがとうございました。


【場 所】 吉田 (安芸高田市)
【年月日】 2011年04月23日(土)
【時 刻】 08:00−13:00
【天 候】 雨〜曇り
【観察者】 観察会参加者7名
【環 境】 河川中流
【観察種】
1.カイツブリ 13.キジ 25.セグロセキレイ
2.カワウ 14.バン 26.ヒヨドリ
3.ダイサギ 15.コチドリ 27.イソヒヨドリ
4.アオサギ 16.ムナグロ 28.ツグミ
5.マガモ 17.イソシギ 29.ウグイス
6.カルガモ 18.キジバト 30.エナガ
7.コガモ 19.カワセミ 31.シジュウカラ
8.ヨシガモ 20.ツバメ 32.ホオジロ
9.ヒドリガモ 21.コシアカツバメ 33.カワラヒワ
10.アメリカヒドリ 22.イワツバメ 34.スズメ
11.キンクロハジロ 23.キセキレイ 35.ハシボソガラス
12.トビ 24.ハクセキレイ 36.ハシブトガラス

・観察会前に、ムナグロ夏羽
・観察会終了後、アメリカヒドリ♂
posted by k at 13:13| 広島 ☀| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

11.04.10 太田川探鳥会

今日は代打で探鳥会。
太田川・古川合流点で、旅鳥・夏鳥・冬鳥・留鳥を探してきました。

CAH5NQXN-T.jpg


広島市周辺は桜が満開。
フィールドから望む周辺の山々のヤマザクラも満開の様子。
ポカポカ陽気で風も吹かず、のんびりノビノビの探鳥会ではありました。


□またまたカメラを忘れてスナップ写真がありませんでした。
いつものとっても優しい元町内会長さんに撮影をお願いし、
掲載させていただきました。

■期待したコムクドリは現れませんでしたが、
まっ黒いノビタキ、まっ黄色のマヒワが楽しませてくれました。
シメもアオジも綺麗でした。
■ノンビリ屋さんのカモ類もちらほら姿を見せてくれました。

CA0HPZ77-T.jpg

CA5757SQ-T.jpg

CAOF9T7F-T.jpg
↑反省する代行さん

□知らない場所での探鳥会開催で疲れ果てた代行さん。
大先輩の「Oさん」のお名前を最後まで「Sさん」と呼び続けるほどボケボケで、
11:30終了予定のはずなのに10:00でそそくさと終了させてしまいました。
参加者の皆さん、ごめんなさい。


【場 所】 太田川(古川合流点) (広島市安佐南区)
【年月日】 2011年04月10日(日)
【時 刻】 08:30−10:00
【天 候】 晴れ(サクラ満開!)
【観察者】 探鳥会参加者(15名)
【環 境】 河川中流
【観察種】

1.カイツブリ 13.キジ 25.ノビタキ
2.カワウ 14.オオバン 26.ツグミ
3.ダイサギ 15.イソシギ 27.ウグイス
4.コサギ 16.カモメ類SP  28.シジュウカラ
5.アオサギ 17.キジバト 29.ホオジロ
6.マガモ 18.カワセミ 30.アオジ
7.カルガモ 19.ヒバリ 31.マヒワ
8.コガモ 20.ツバメ 32.シメ
9.ヒドリガモ 21.ハクセキレイ 33.スズメ
10.キンクロハジロ 22.セグロセキレイ 34.ムクドリ
11.トビ 23.ヒヨドリ 35.ハシボソガラス
12.ハイタカ 24.モズ 36.ハシブトガラス


CA2NTTW4-T.jpg
これが一番男前だった個体かな?

以下は、使用停止中の昔の携帯電話を持ち出して、
そのカメラ機能で撮ってみたボケボケ・スナップです。汗
P1000005.JPG

P1000002.JPG

P1000001.JPG
posted by k at 11:45| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

11.03.12 黒瀬川探鳥会


東北地方・太平洋沖地震での被害者の方々に、お見舞いを申し上げます。


朝、次々と放映されるこの世とは思えないほどの映像に慄きながら、
それでものろのろと探鳥会開催の準備を進めていると、会員と思われる方から
お電話を頂戴しました。

「探鳥会開催されますか?」
確かに探鳥会どころの状態ではないような気も。。。


広島地方は春霞の良い天気。現地について朝飯のパンを頬張っていると、
今日「担当者デビュー」を果されるIさんもほどなく到着。

参加者の皆様もぽつりぽつりと到着されて、地震の話題があいさつ代わり。
いつものようなはじける笑顔は控えめながら、春の黒瀬川を歩く探鳥会が
予定通り開催されることに相成りました。


IMGP1015-T.JPG

最初こそ少し緊張も感じられた新人担当さんでしたが、
歩き始めるやいなや神が降臨したとしか思えない堂々の案内ぶり。

出る鳥出る鳥、接着剤で止めてあるのではないかと勘違いするほどサービス良く、
巡光の中でポーズを決めながらリストが埋まっていきます。

IMGP1019-T.JPG

予定の場所で姿を現さなかった鳥も、
まるで担当さんの仕組んだ「じらし」演出であった如くタイミング良く姿を現し、
参加者からの静かな歓声がわきおこります。

IMGP1023-T.JPG

今日のメインターゲットのクイナ・ヒクイナは当然バッチり。
あきらめかけたツバメの初認も当然クリア。
貼り付けられたようなベニマシコ♂の印象的なイチゴ色。

IMGP1028-T.JPG

フォローに回っておられたM西さんやS岡さんから無茶振りが出始めても、
担当さんはあわてず騒がず、淡々とそれ以上の鳥を出し続けます。

上空には、ハイタカ・チョウゲンボウ・ハヤブサの姿。
IMGP1029-T.JPG

IMGP1034-T.JPG

ビンズイの大サービスはタシギの飛翔で彩られ、
全員をあきらめさせておいての、最後の最後でのカワセミ登場。

観察できた野鳥の数もさることながら、
じっくりと観察できる野鳥の落ち着き具合と、
参加者を興奮のるつぼに引き込む出現タイミングの演出の素晴らしさ。

100点満点を超えた、空前絶後の素晴らしい探鳥会を堪能させていただきました。
スーパー担当者としての地位を一日で築かれたIさん、
本当にありがとうございました。来年からもぜひぜひよろしくお願いいたします。

地元の参加者の皆様、東海の地に渡ってしまいそうなN野さん、
また来年もお会いしましょう。


廃止の崖っぷちから復活を果たした黒瀬川探鳥会。
彼の地を思えば当日にも危うさを感じた開催ではありましたが、
やっぱり神は、足を運ぶ我々に素晴らしい幸せを与えてくれたのでした。


【場 所】 黒瀬川 (東広島市黒瀬町)
【年月日】 2011年03月13日(日)
【時 刻】 09:30−12:10
【天 候】 晴れ
【観察者】 探鳥会参加者16名
【環 境】 河川中流
【観察種】

1.カイツブリ 16.バン 31.シロハラ
2.カワウ 17.イカルチドリ 32.ツグミ
3.ダイサギ 18.クサシギ 33.ウグイス
4.アオサギ 19.イソシギ 34.ホオジロ
5.マガモ 20.タシギ 35.カシラダカ
6.カルガモ 21.キジバト 36.アオジ
7.コガモ 22.カワセミ 37.オオジュリン
8.ヒドリガモ 23.ヒバリ 38.カワラヒワ
9.キンクロハジロ 24.ツバメ 39.マヒワ
10.トビ 25.ハクセキレイ 40.ベニマシコ
11.ハイタカ 26.セグロセキレイ 41.スズメ
12.ハヤブサ 27.ビンズイ 42.ムクドリ
13.チョウゲンボウ 28.ヒヨドリ 43.ハシボソガラス
14.クイナ 29.モズ 44.ハシブトガラス
15.ヒクイナ 30.ジョウビタキ

posted by k at 04:30| 広島 | Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

11.03.06 県民の浜探鳥会

ひろしま県民の浜での探鳥会に参加してきました。

広島県の「県鳥」は「あび」。
「あび」って言っても「アビ類」の総称としての「あび」で、
皆さんよくご存じの「アビ」ではない訳ですが、
まぁそんなことはどうでも良くって、
その県鳥を観察できる唯一の探鳥会な訳であります。(しつこい)


IMGP0985-T.JPG

IMGP0989-T.JPG

集合場所は「輝きの館」。
駐車場で集合して、東方面の「鼻」=岬まで徒歩で観察。
梅の花は満開を過ぎ、水仙の花の良い香りが辺りに立ち込めています。

上空にはハイタカ。
梅にメジロ。海岸にツグミ。
岸壁には当然のような顔をしたイソヒヨドリが数個体。


IMGP0994-T.JPG

ウミネコ・セグロカモメの行動に注目し、
潮目を必死に探すのですが、目指すあび類の姿はありません。

IMGP0999-T.JPG


そうこうしているうちに雨が降り始め、
大急ぎで駐車場まで撤退し、車に乗って天文台方面を目指します。

IMGP1002-T.JPG

傘をさして丘に登り、高い位置からの海面捜索。
雨のせいで視界は悪いし、目はショボショボしてくるし、
これで東屋が無かったら即時撤収の状況です。

で、カワウの一群れの近くにやっと一羽のシロエリオオハムを発見。
なんとか全員で観察できてほっと一息。

その後、6羽の群れも姿を見せて、
なんとか形だけ整えることのできた「県鳥」探鳥会となりました。

IMGP1006-T.JPG

雨の中、最後まで熱心に観察してくださった参加者の皆様、
お疲れ様&ありがとうございました。
また来年のご参加をお待ちしております。


IMGP1008-T.JPG

【場 所】 呉市蒲刈 ひろしま県民の浜
【年月日】 2011年03月06日(日)
【時 刻】 9:30〜12:30−
【天 候】 くもり のち 雨
【観察者】 探鳥会参加者 8名
【観察種】
1.シロエリオオハム 11.コゲラ 21.ヤマガラ
2.カワウ 12.セグロセキレイ 22.シジュウカラ
3.アオサギ 13.ヒヨドリ 23.メジロ
4.ミサゴ 14.モズ 24.ホオジロ
5.トビ 15.ジョウビタキ 25.カワラヒワ
6.ハイタカ 16.イソヒヨドリ 26.シメ
7.ノスリ 17.シロハラ 27.スズメ
8.セグロカモメ 18.ツグミ 28.ムクドリ
9.ウミネコ 19.ウグイス 29.ハシボソガラス
10.キジバト 20.エナガ 30.ハシブトガラス
posted by k at 15:31| 広島 ☔| Comment(0) | 探鳥会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。